「鬼滅の刃」動員1000万人突破!花江夏樹、日野聡、石田彰が歓喜「よもやよもやだ!」

339

劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の公開を記念した舞台挨拶が本日10月31日に東京・TOHOシネマズ 日比谷で開催され、竈門炭治郎役の花江夏樹、煉獄杏寿郎役の日野聡、猗窩座役の石田彰が登壇した。

左から花江夏樹、日野聡、石田彰。

左から花江夏樹、日野聡、石田彰。

大きなサイズで見る(全6件)

吾峠呼世晴によるマンガ「鬼滅の刃」をアニメ映画化した本作は、炭治郎や煉獄が“無限列車”で下弦の壱の鬼・魘夢と戦う姿を描く物語。公開2週目となる10月25日には累計興行収入が約107億円を記録した。

左から花江夏樹、日野聡、石田彰。

左から花江夏樹、日野聡、石田彰。[拡大]

舞台挨拶では、ファンの間で注目されている煉獄と猗窩座の激戦の話題に。花江は「日野さんと石田さんのお芝居がすさまじすぎて緊張感が半端なかった」と収録時を振り返り、「炭治郎の出番の緊張感がすごかったですね。本当に熾烈な戦いが繰り広げられているんだなというのが、アフレコ現場からもひしひしと感じられました」と続ける。

日野は煉獄の人としての強さや心の強さを意識し、凛々しく演じようと心がけていたそうで「石田さんの胸をお借りして、煉獄の思いを全力でぶつけさせていただきました」と白熱したアフレコに思いを馳せる。一方の石田は、映画で初登場となるキャラクターを演じることのプレッシャーを明かしながら「僕のほうこそ全身全霊でぶつかっていかないと、人に胸を貸してる場合じゃないなと思いました」と作品に懸けた思いを語った。

劇中のダイナミックな演出や映像美について、日野は「技の応酬や表情、呼吸、音楽、最後のエンドロールに至るまですべてすさまじくて、観終わったあとは放心状態で圧倒されました」と、石田は「もちろんアフレコの時点で100%の力でやっていたのですが、よりよくしたいなという欲が出るくらい、完成版のすごさがありましたね」とコメント。花江は「かっこよすぎて泣くことってあるんだなと思いました」とつぶやき、「猗窩座の術式展開が綺麗でしたね。煉獄さんや猗窩座の戦いの一連は大迫力のあるスクリーンで観る価値がありますし、一回で戦いを追えないので何回でも観に行きたくなりますよね」と思い入れたっぷりに話した。

終盤には、花江から「なんと本日観客動員1000万人を突破いたしました!」との発表が。日野は「よもやよもやだ!」と笑顔で大喜びし、観客からは大きな祝福の拍手が送られた。

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は全国の劇場で上映中。

この記事の画像・動画(全6件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

花江夏樹のほかの記事

リンク

(c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 / 花江夏樹 / 日野聡 / 石田彰 / 吾峠呼世晴 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。