京都国際映画祭で小林稔侍が三船敏郎賞「感動、感謝忘れることなく」、大林宣彦も受賞

95

京都国際映画祭2020の授賞式が京都・よしもと祇園花月で10月17日に行われ、牧野省三賞を大林宣彦、三船敏郎賞を小林稔侍が受賞した。

三船敏郎賞を受賞した小林稔侍。

三船敏郎賞を受賞した小林稔侍。

大きなサイズで見る(全5件)

左から佐々木ひろみ、木村祐一。

左から佐々木ひろみ、木村祐一。[拡大]

新型コロナウイルス感染防止対策のため、初のオンライン開催となった同映画祭。授賞式の司会は木村祐一と佐々木ひろみが務めた。

牧野省三賞は京都の映画人・牧野省三の遺徳をしのび、日本映画の発展に寄与した後進の映画人を表彰する賞。今年4月に永眠した大林宣彦に代わり、60年以上にわたって大林作品を支えてきたプロデューサーであり妻の大林恭子が受賞メッセージを寄せ、「牧野省三さんは監督たちにとって映画の父です。大林に誘われて、昔の牧野さんの古いチャンバラ映画を断片ではありますがたくさん観た記憶がございます。日本映画の続きをやらせていただきましたことを、大変うれしく思っております」と感謝を伝えた。京都国際映画祭実行委員会の名誉実行委員長・中島貞夫は「大林宣彦の作品群は、敗戦後の経験に根を下ろしており、昨年の遺作『海辺の映画館―キネマの玉手箱』でも、戦争に明け暮れた過去をふり返り、日本の現在を見つめ続けていました。生涯現役を貫いた大林宣彦こそ、今年度の牧野省三賞にふさわしい」と述べ、その功績をたたえる。

授賞式の様子。

授賞式の様子。[拡大]

授賞式の様子。

授賞式の様子。[拡大]

三船敏郎賞は、戦後の日本映画界を代表する俳優・三船敏郎のように世界に誇れる俳優を応援するべく増設された賞だ。選考委員の1人である奥山和由は「海辺の映画館―キネマの玉手箱」での小林の演技について「寂れた尾道の映画館で、最後の上映をする映写技術士の役を演じていただきましたが、いぶし銀の優しさ、強さに裏打ちされた優しさ。それが、セリフよりも佇まいや存在感で表すことができる。これは日本映画本来の男優さんが昔から持っていたものですが、なかなか最近見当たらない」と言及。登壇した小林は「この思い、感動、感謝を忘れることなく、世界の三船様の冠の賞を、これからの俳優生活の糧にさせていただきます」と述べ、トロフィーを受け取るとガッツポーズを見せた。

次世代を担う人材・才能を発掘する公募型プロジェクト「クリエイターズ・ファクトリー」のエンタテインメント映像部門では、予選を通過した17作品から5作品が優秀賞に選出され、山元環の「ブラック」がグランプリに選ばれた。山元は「世の中的にはネガティブな流れになりましたが、自分たちはポジティブに動け、原動力としてはすごく未来が明るいんじゃないかなという気がしていたので、今回グランプリをいただけて本当によかったです」と喜んだ。そのほかの受賞結果は下記の通り。

京都国際映画祭2020 受賞結果

牧野省三賞

大林宣彦

三船敏郎賞

小林稔侍

クリエイターズ・ファクトリー エンタテインメント映像部門

グランプリ

山元環「ブラック」

優秀賞

山元環「ブラック」
渡部健人「ZACO」
シーズン野田「外郎女」
野本梢「アルム」
碧嵐澄士「LOVE WATER FIRE」

審査員一同特別賞

甲斐郁斗「SHUKKA」

アート部門 優秀賞

田中良典「国民的再生図」

子ども部門 優秀賞

中島そよ「チューリップDJ」

この記事の画像(全5件)

関連記事

小林稔侍のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 海辺の映画館―キネマの玉手箱 / 小林稔侍 / 大林宣彦 / 木村祐一 / 中島貞夫 / 奥山和由 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。