伊藤万理華は時代劇オタク、金子大地は未来人に「サマーフィルムにのって」来年公開

392

伊藤万理華の主演作「サマーフィルムにのって」が2021年に全国公開される。

「サマーフィルムにのって」

「サマーフィルムにのって」

大きなサイズで見る(全3件)

伊藤万理華

伊藤万理華[拡大]

本作は時代劇オタクの高校3年生・ハダシが、仲間を巻き込み時代劇制作に奮闘するSF青春ストーリー。所属する映画部ではキラキラ青春映画作りばかりで辟易していたハダシの前に、武士役として理想的な男子・凛太郎が現れる。すぐさま映画制作に乗り出し、文化祭での上映を目指すハダシたちだったが、実は凛太郎がタイムトラベルしてきた未来人であることが明らかになる。

黒澤明やマキノ雅弘の作品など時代劇を溺愛するハダシ役を、元乃木坂46のメンバーである伊藤が務めた。凛太郎役でドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る。」の金子大地、ハダシの幼なじみ・ビート板役で河合優実、同じく幼なじみ・ブルーハワイ役で祷キララが出演。ほかに板橋駿谷甲田まひるゆうたろう小日向星一、池田永吉、篠田諒らがキャストに名を連ねる。

松本壮史

松本壮史[拡大]

監督の松本壮史は本作で長編デビュー。ドラマ「ガールはフレンド」に続き、再び伊藤と組んだ。脚本は「ガールはフレンド」「腐女子、うっかりゲイに告る。」も手がけた劇団ロロ主宰・三浦直之が、松本とともに担当した。

伊藤は「ものすごいスケールが大きく感じて始まる前まで緊張していましたが、始まってからは役名の通りハダシで、日々をただただ必死に駆け抜けていました」と撮影を振り返り、「映画に対して好きと憧れがあるからこそ、この作品に関われたことは一生の宝物です」と思いをつづった。松本は「友情も恋愛もSFもアクションも、夏の空気と一緒に全部がギュッと詰まっています」と本作を表現している。

なお「サマーフィルムにのって」は第33回東京国際映画祭で特別招待作品として上映される。

伊藤万理華 コメント

松本壮史さんと三浦直之さんのタッグは、2年前に短編ドラマでご一緒させていただいて以来です。
心がきゅっとなる瞬間、柔らかくて詩的な言葉と空気、印象的で大好きでした。
新しく映画をつくると聞いて、ものすごいスケールが大きく感じて始まる前まで緊張していましたが、始まってからは役名の通りハダシで、日々をただただ必死に駆け抜けていました。登場人物全員、本当に愛おしくて離れがたくなるくらいみんな素敵でした。早くスクリーンで会いたいです!
映画に対して好きと憧れがあるからこそ、この作品に関われたことは一生の宝物です。

松本壮史 コメント

最高にしびれる青春映画を撮りたいとずっと思っていました。
脚本の三浦直之(ロロ)と作ったこの物語は、友情も恋愛もSFもアクションも、夏の空気と一緒に全部がギュッと詰まっています。
自分にとって最高の長編デビュー作となりました。こんな時代ですが、スクリーンがとても似合う作品になったと思います。
主演の伊藤万理華さんをはじめとした、若く魅力溢れる俳優陣の輝きを目撃してください。
「サマーフィルムにのって」をよろしくお願いします。

この記事の画像(全3件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

伊藤万理華のほかの記事

リンク

関連商品

(c)サマーフィルムにのって製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 サマーフィルムにのって / 伊藤万理華 / 金子大地 / 河合優実 / 祷キララ / 板橋駿谷 / 甲田まひる / ゆうたろう / 小日向星一 / 篠田諒 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。