森崎ウィン主演「本気のしるし」全10話のドラマ版を一挙上映、深田晃司のトークも

335

深田晃司が監督を務めた連続ドラマ「本気のしるし」全10話の一挙上映とスペシャルトークが、8月22日に東京のアテネ・フランセ文化センターで行なわれる。

「ちば映画祭inアテネ・フランセ文化センターvol.2 連続テレビドラマ『本気のしるし』全10話一挙上映&スペシャルトーク」告知ビジュアル

「ちば映画祭inアテネ・フランセ文化センターvol.2 連続テレビドラマ『本気のしるし』全10話一挙上映&スペシャルトーク」告知ビジュアル

大きなサイズで見る(全14件)

「本気のしるし」

「本気のしるし」[拡大]

星里もちるの同名マンガを原作に、虚無感を抱えて生きるサラリーマンが不思議な魅力を持つ1人の女性にのめり込んでいくさまを描いた本作。森崎ウィンが主人公の辻一路、土村芳がその場しのぎの嘘を繰り返す葉山浮世を演じた。ドラマを再編集した劇場版の公開が決まっており、第73回カンヌ国際映画祭の「Official Selection 2020」にも選出されている。

「本気のしるし」

「本気のしるし」[拡大]

上映会は「ちば映画祭 in アテネ・フランセ文化センターvol.2」として、入場無料の形で実施。また深田に加え、キャストの福永朱梨、ライターの成馬零一らが登壇するトークイベントが1200円で観覧できる。映画とテレビドラマ、劇場公開と配信など、それぞれの違いや魅力、これからの映像コンテンツに関する話題が繰り広げられる予定だ。

上映は計230分で途中休憩あり、定員は70名。事前予約制で残席のある場合のみ、当日券が販売される。チケットの詳細はちば映画祭の公式サイトで確認を。深田、福永、成馬によるコメントは下記に掲載した。なお「本気のしるし 劇場版」は10月9日より全国で順次ロードショー。

ちば映画祭 in アテネ・フランセ文化センター vol.2
連続テレビドラマ「本気のしるし」全10話一挙上映&スペシャルトーク

2020年8月22日(土)東京都 アテネ・フランセ文化センター
上映時間 13:00~17:10 ※途中休憩あり
スペシャルトーク 17:30~19:00
入場料(トークのみ):1200円

深田晃司 コメント

深田晃司

深田晃司[拡大]

原作「本気のしるし」を読んだのは二十歳のときで、そのときにはもう映像化したいと思っていましたが、ちょうどその頃初めて監督した自主映画「椅子」を上映したのもここアテネ・フランセのスクリーンでした。20年越しのこの不思議な因縁を実現してくれたちば映画祭に感謝します。連続ドラマならではの転がり続ける面白さを感じてもらえたら嬉しいです。

福永朱梨 コメント

福永朱梨

福永朱梨[拡大]

ドラマ「本気のしるし」をまたスクリーンで上映出来ることがとても嬉しいです! しかも、大好きなちば映画祭で! ドラマ版を見逃した…という方にも、ぜひこの機会にスクリーンで観て頂きたいです!

成馬零一 コメント

成馬零一

成馬零一[拡大]

放送当時は、辻と浮世がどうなるのか続きが気になって仕方なかったので、映画館で全話一気見できるのは最高ですね。不穏が服を着て徘徊しているかのような歪な愛の物語なので、その不穏さ自体を楽しんでください。

この記事の画像・動画(全14件)

関連記事

深田晃司のほかの記事

リンク

関連商品

(c)星里もちる・小学館/メ~テレ