若者言葉も見どころ!今田美桜が「親バカ青春白書」の“和気あいあい”撮影語る

1012

連続ドラマ「親バカ青春白書」の6日連続企画第4弾として、今田美桜のインタビューコメントが到着した。

「親バカ青春白書」より、今田美桜演じる山本寛子。

「親バカ青春白書」より、今田美桜演じる山本寛子。

大きなサイズで見る(全14件)

「親バカ青春白書」

「親バカ青春白書」[拡大]

ムロツヨシが主演を務め、福田雄一が脚本統括と演出を担当する本作。娘を溺愛するあまり同じ大学に入ってしまうシングルファーザーのガタローこと小比賀太郎をムロが演じ、娘のさくらに永野芽郁が扮する。

「親バカ青春白書」

「親バカ青春白書」[拡大]

今田が演じるのは、ガタローとさくらの同級生・山本寛子。撮影現場の雰囲気を“和気あいあい”と表現する今田は「私は大学に通っていなかったので、大学の雰囲気も楽しみの1つだったんですが、学食のセットや、セリフが『学園祭』の話題だったりするのがすごく大学生活っぽくて、楽しいです」と喜びを語る。

「親バカ青春白書」

「親バカ青春白書」[拡大]

自身の役柄を「大学生活をとにかく楽しむっていうことをすごく考えている女の子」と評すると「純粋なさくらとすごく親バカなガタローにツッコミながら、それをすごく楽しんでいますね。さくらよりは強気な面もあると思いますし、『(恋愛の)勘が鋭いよ』と言うセリフもあるんですが人をよく見てる子だなあと思います」と言及。そして、チームワーク抜群の掛け合いを見どころに挙げた今田は、「若者言葉も見どころです! 私も普段なかなか使わないような言葉も登場しますので、そこも注目していただきたいです」とアピールした。

日本テレビ系「親バカ青春白書」は8月2日から毎週日曜22時30分より放送。中川大志、戸塚純貴、小野花梨、新垣結衣もキャストに名を連ねた。

親バカ青春白書

日本テレビ系 2020年8月2日(日)スタート 毎週日曜 22:30~23:25(予定)

この記事の画像(全14件)

関連記事

今田美桜のほかの記事

リンク