ジブリ映画が週末動員上位をキープ、長澤まさみ主演の「MOTHER」初登場

251

7月4日から5日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、前週と同じく「千と千尋の神隠し」がトップに輝いた。

「千と千尋の神隠し」ビジュアル (c)2001 Studio Ghibli・NDDTM

「千と千尋の神隠し」ビジュアル (c)2001 Studio Ghibli・NDDTM

大きなサイズで見る(全10件)

先週末公開された新作映画は23本。依然、全国の映画館では旧作の再上映が行われており、「千と千尋の神隠し」のほか、同じく宮崎駿が監督を務めた「もののけ姫」「風の谷のナウシカ」がランキングの上位3位までをキープした。先週9位だった宮崎吾朗の監督作「ゲド戦記」は、順位を1つ上げ8位に入っている。

「MOTHER マザー」ポスタービジュアル (c)2020「MOTHER」製作委員会

「MOTHER マザー」ポスタービジュアル (c)2020「MOTHER」製作委員会[拡大]

初登場の「MOTHER マザー」は6位に。長澤まさみが主演を務めた本作では、ゆきずりの男たちと関係を持ちながら生きる秋子の姿と、彼女の一人息子・周平が起こす凄惨な事件が描かれている。

2020年7月4日~5日の全国映画動員ランキングトップ10

1.(1→ / 2週目)「千と千尋の神隠し」
2.(2→ / 2週目)「もののけ姫」
3.(3→ / 2週目)「風の谷のナウシカ」
4.(4→ / 2週目)「ランボー ラスト・ブラッド
5.(5→ / 3週目)「ドクター・ドリトル
6.(NEW)「MOTHER マザー」
7.(6↓ / 2週目)「ソニック・ザ・ムービー
8.(9↑ / 2週目)「ゲド戦記」
9.(7↓ / 4週目)「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
10.(8↓ / 3週目)「水曜日が消えた

※()内は先週の順位と公開週数
※興行通信社調べ

この記事の画像(全10件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

関連商品