「千と千尋の神隠し」が週末動員1位!上位3本は宮崎駿作品、「ランボー」も登場

802

6月27日から28日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、「千と千尋の神隠し」が1位を獲得した。

「千と千尋の神隠し」ビジュアル (c)2001 Studio Ghibli・NDDTM

「千と千尋の神隠し」ビジュアル (c)2001 Studio Ghibli・NDDTM

大きなサイズで見る(全10件)

新型コロナウイルスの影響で新作映画の公開が減ったため、全国の映画館では旧作の再上映が相次いでいる。ランキングでは「千と千尋の神隠し」に加え、同じく宮崎駿が監督を務めた「もののけ姫」「風の谷のナウシカ」が3位までを独占し、宮崎吾朗が手がけた「ゲド戦記」も9位に入った。

「ランボー ラスト・ブラッド」ポスタービジュアル (c)2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

「ランボー ラスト・ブラッド」ポスタービジュアル (c)2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

初登場の新作映画は2本。シルヴェスター・スタローンが主演を務める「ランボー」シリーズの最新作にして最終章となる「ランボー ラスト・ブラッド」は4位に、音速で走る青いハリネズミを主人公としたゲームシリーズ「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」を実写化した「ソニック・ザ・ムービー」は6位にランクインしている。

2020年6月27日~28日の全国映画動員ランキングトップ10

1.「千と千尋の神隠し」
2.「もののけ姫」
3.「風の谷のナウシカ」
4.(NEW)「ランボー ラスト・ブラッド」
5.(1↓ / 2週目)「ドクター・ドリトル
6.(NEW)「ソニック・ザ・ムービー」
7.(2↓ / 3週目)「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」」
8.(3↓ / 2週目)「水曜日が消えた
9.「ゲド戦記」
10.(4↓ / 7週目)「心霊喫茶『エクストラ』の秘密-The Real Exorcist-

※()内は先週の順位と公開週数
※興行通信社調べ

この記事の画像(全10件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

関連商品