松竹映画の100年、明日から計79本上映する大規模特集スタート!展覧会も開催

76

特集上映「松竹第一主義 松竹映画の100年」が、明日7月7日から9月6日にかけて、東京・国立映画アーカイブで行なわれる。

特集上映「松竹第一主義 松竹映画の100年」チラシビジュアル

特集上映「松竹第一主義 松竹映画の100年」チラシビジュアル

大きなサイズで見る(全3件)

「松竹映画100周年」ロゴ

「松竹映画100周年」ロゴ[拡大]

本企画では松竹の映画製作100周年を記念し、1921年の「路上の霊魂」から2006年の「花よりもなほ」まで、提携・配給作品も含め計79本を64のプログラムで上映。タイトルに含まれる“松竹第一主義”は、1932年初頭に当時の松竹蒲田撮影所長・城戸四郎が掲げたモットーだ。

1920年に映画製作に乗り出した松竹は、蒲田撮影所を拠点に、都会的で明朗な“蒲田調”を確立。蒲田調を引き継いだ松竹大船撮影所による“大船調”では、「男はつらいよ」シリーズなど、喜劇やホームドラマを基調とした娯楽映画を量産した。新技術も積極的に取り入れ、日本初の本格的な長編トーキー「マダムと女房」、国産初のカラー長篇「カルメン故郷に帰る」も製作。ほかに京都の下加茂と太秦の撮影所を拠点に製作された松竹時代劇、日本映画に新しい波をもたらした“松竹ヌーヴェルヴァーグ”などの作品群がある。

本特集では、小津安二郎木下惠介渋谷実中村登小林正樹野村芳太郎大島渚吉田喜重山田洋次森崎東らによる監督作など、松竹映画の代表作が勢揃い。DVD化されていないザ・ドリフターズ主演の「いい湯だな 全員集合!!」、西城秀樹の全国ツアーを収めたライブドキュメンタリー「ブロウアップ ヒデキ」、加藤泰が新潟・佐渡島で結成された芸能集団を捉えた「ざ・鬼太鼓座」といった異色作もラインナップに並んだ。また北野武の「ソナチネ」は、映画完成時に近い色彩の再現を目指した「再タイミング版」と呼ばれるプリントで上映される。

展覧会「松竹第一主義 松竹映画の100年」チラシビジュアル

展覧会「松竹第一主義 松竹映画の100年」チラシビジュアル[拡大]

関連企画として同日から、松竹映画の歴史をたどる展覧会も8月30日まで開催。時代ごとに5つの章で構成され、ポスターや写真、シナリオ、プログラム、予告映像、小道具、衣装など、およそ180点の資料が展示される。「路上の霊魂」のシナリオ、小津の遺作「秋刀魚の味」の絵コンテ帖なども

特集の詳細なラインナップは国立映画アーカイブの公式サイトで確認を。4つのサイレント映画プログラムでは、弁士による説明やピアノなどの生演奏を付けて上映。そのほか解説やトークも行なわれる。新型コロナウイルス感染症予防のため、当日券は障害者および国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズのみに販売される。チケットぴあで前売り券を取り扱い中だ。

※森崎東の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

特集上映「松竹第一主義 松竹映画の100年」

2020年7月7日(火)~9月6日(日) 東京都 国立映画アーカイブ 長瀬記念ホール OZU ※月曜休館
通常回料金:一般 520円 / 高校・大学生・シニア 310円 / 小・中学生 100円
弁士・伴奏付上映回料金:一般 1050円 / 高校・大学生、シニア 840円 / 小・中学生 600円
<上映作品>
「路上の霊魂」
「マダムと女房」
陸軍
「カルメン故郷に帰る」
君の名は
日本の夜と霧
嵐を呼ぶ十八人
乾いた花
「いい湯だな 全員集合!!」
「男はつらいよ」
砂の器
異人たちとの夏
釣りバカ日誌
「ソナチネ(再タイミング版)」
「花よりもなほ」など

展覧会「松竹第一主義 松竹映画の100年」

2020年7月7日(火)~8月30日(日) 東京都 国立映画アーカイブ展示室 ※月曜休館
開館時間:11:00~18:30 ※入場は18時まで
料金:一般 250円 / 大学生 130円 / シニア、高校生以下および18歳未満、障害者(付添者は原則1名)、国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズ 無料 ※特集の半券提示で割引あり

この記事の画像(全3件)

関連記事

小津安二郎のほかの記事

リンク