中村文則が脚本に参加、日南響子の主演作「銃2020」7月に公開決定

201

中村文則の小説「銃」を原案とした映画「銃2020」の公開日が、7月10日に決定した。

「銃2020」ポスタービジュアル

「銃2020」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全5件)

村上虹郎主演で2018年に公開された「銃」を新たな視点で描いた本作。中村が初めて脚本に参加したオリジナル作品であり、「銃」同様に企画・製作を奥山和由、監督と脚本を武正晴が担当した。

本作の主人公・東子(トオコ)を演じるのは日南響子。「銃」ではキーマンの“トースト女”を演じた彼女だが、本作では銃を拾い、その銃に翻弄される女を演じた。そのほか佐藤浩市加藤雅也友近吹越満リリー・フランキーが参加し、「銃」にも出演した岡山天音サヘル・ローズ片山萌美中村ゆうじもキャストに名を連ねた。村上も、「銃」で演じた西川トオルとして1シーンのみ登場する。

「銃2020」は東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国で公開。

この記事の画像(全5件)

関連記事

日南響子のほかの記事

リンク

関連商品

(c)吉本興業