海底遺跡で盲目の人食いザメに遭遇…「海底47m 古代マヤの死の迷宮」公開

94

海洋パニックスリラー「海底47m」シリーズ第2弾となる「47 Meters Down: Uncaged」が、「海底47m 古代マヤの死の迷宮」の邦題で公開される。

「海底47m 古代マヤの死の迷宮」ポスタービジュアル

「海底47m 古代マヤの死の迷宮」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

ダイビングの中でもっとも危険が伴うとされている「洞窟ダイビング」の要素が入った本作。夏のメキシコを舞台に、海底に沈むマヤ文明の遺跡を探検しようとする4人の女子高生たちの姿を追っていく。そして突然崩落した神殿に盲目の巨大な人食いホオジロザメが現れたことで、彼女たちの必死の脱出劇が始まる。

ソフィー・ネリッセコリーヌ・フォックスブリアンヌ・チューシスティーン・スタローンジョン・コーベットが出演。コリーヌはジェイミー・フォックス、システィーンはシルベスター・スタローンの娘であり、2人は本作で映画デビューを果たした。監督は前作に引き続き、ヨハネス・ロバーツが務めている。

水中撮影は、イギリスのバジルドンにあるプールと、「スター・ウォーズ」や「007」シリーズの撮影でも知られるパインウッド・スタジオのセットで行われた。セットではかつてマヤ族が生贄を捧げた壮大な洞窟を再現している。

またYouTubeで公開された予告では、彼女たちが遺跡にたどり着く様子や、サメが次々と人を襲っていくさまが切り取られた。

「海底47m 古代マヤの死の迷宮」は、海の日にあたる7月23日に東京・新宿ピカデリーほか全国で公開される。

この記事の画像・動画(全2件)

関連記事

ヨハネス・ロバーツのほかの記事

リンク

関連商品

(c)THE FYZZ FACILITY FILM 11 LTD