映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「ハーレイ・クイン」が動員トップ、「一度死んでみた」「弥生、三月」など初登場

112

3月21日から22日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、初登場の「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」が首位を獲得した。

ジョーカーの元恋人ハーレイ・クインが、謎のダイヤを盗んだ少女を守るため、残忍なローマン・シオニス / ブラックマスクとバトルを展開する本作。マーゴット・ロビーがハーレイを演じ、キャシー・ヤンが監督を務めた。

このほか初登場作は3本。2位に広瀬すずが主演を務めた「一度死んでみた」、6位に波瑠と成田凌の共演作「弥生、三月-君を愛した30年-」が入った。また三島由紀夫と東大全共闘の伝説的な討論会の模様を収めたドキュメンタリー「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」は7位にランクインしている。

2020年3月21日~22日の全国映画動員ランキングトップ10

1.(NEW)「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」
2.(NEW)「一度死んでみた」
3.(1↓ / 3週目)「Fukushima 50(フクシマフィフティ)
4.(3↓ / 11週目)「パラサイト 半地下の家族
5.(2↓ / 3週目)「仮面病棟
6.(NEW)「弥生、三月-君を愛した30年-」
7.(NEW)「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」
8.(5↓ / 5週目)「ミッドサマー
9.(4↓ / 5週目)「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼
10.(7↓ / 7週目)「犬鳴村

※()内は先週の順位と公開週数
※興行通信社調べ

関連する特集記事

「仮面病棟」坂口健太郎×永野芽郁インタビューPR

映画ナタリーをフォロー