「シロクロ」オリジナルストーリーがHuluで配信、最終回の5年後描く

196

清野菜名横浜流星がダブル主演を務めたドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」のHuluオリジナルストーリーが、ドラマ最終回放送後に配信される。

「シロでもクロでもない世界で、それでもパンダは笑わない。」 (c)読売テレビ

「シロでもクロでもない世界で、それでもパンダは笑わない。」 (c)読売テレビ

大きなサイズで見る(全2件)

清野が世の中のグレーゾーンにシロクロつけるミスパンダ、横浜がミスパンダを操る森島直輝を演じた「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」。本作の最終回から5年後を描くオリジナルストーリー「シロでもクロでもない世界で、それでもパンダは笑わない。」では、亡き恩師の診察室を継ぎ精神科医となった直輝が、これまで出会ってきた人々と再会していくさまが描かれる。横浜のほか中田圭祐祷キララ前田旺志郎が出演。がじん祥太が脚本を手がけ、爲川裕之が演出を担当した。

ドラマ最終回となる第10話は、3月15日22時30分より日本テレビ系でオンエアされる。Huluオリジナルストーリーの前編は最終回放送後、後編は3月22日0時より配信スタート。

Huluオリジナルストーリー「シロでもクロでもない世界で、それでもパンダは笑わない。」

前編:2020年3月15日(日)最終回放送終了後 配信スタート
後編:2020年3月22日(日)0:00 配信スタート

福田浩之(プロデューサー)コメント

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。は、最終話で川田レンとリコ、そして森島直輝の二人がそれぞれ、自分自身にシロクロつけるべく、ある大きな決断を下します。その決断によって、ドラマは終わりを迎えます。Huluオリジナルストーリーの舞台は、そんな最終話から5年後の世界…世の中には未だにグレーのものが蔓延っています。一体、レンとリコと直輝はどんな日常を過ごし、どんなことを思い生きているのか? あくまでアフターストーリーですが、シロクロのその後も気になる方は、、、是非見届けて下さい。

この記事の画像(全2件)

関連記事

清野菜名のほかの記事

リンク

関連商品