「Fukushima 50」緊迫感に満ちた海外版トレーラー解禁、世界73の国と地域で上映

262

福島第一原子力発電所の事故を描く「Fukushima 50(フクシマフィフティ)」の海外版予告がYouTubeで解禁された。

「Fukushima 50」ポスタービジュアル

「Fukushima 50」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全15件)

東日本大震災発生時、高い放射線量のもと収束作業にあたり、世界中のメディアから“Fukushima 50”とたたえられた作業員たちの姿を描いた本作。「沈まぬ太陽」の若松節朗が監督を務め、佐藤浩市が1・2号機の当直長・伊崎利夫、渡辺謙が所長の吉田昌郎を演じた。ヨーロッパやアジアなど世界73の国と地域での上映が決定している。

予告では地震発生から津波の襲来、福島第一原発の全電源喪失、原子炉建屋内での作業など、緊迫感に満ちたシーンが連続。伊崎の「俺はここで生まれてここで育った。何がなんでも守りたいんだ」というセリフも確認できる。

「Fukushima 50」は3月6日より全国ロードショー。

この記事の画像・動画(全15件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

佐藤浩市のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020『Fukushima 50』製作委員会