女人禁制の儀式に参加してしまった女性描く「ペトルーニャに祝福を」4月公開

74

2019年の第69回ベルリン国際映画祭でエキュメニカル審査員賞とギルド映画賞を受賞した「ペトルーニャに祝福を」が、4月25日より東京・岩波ホールほか全国で公開される。

「ペトルーニャに祝福を」

「ペトルーニャに祝福を」

大きなサイズで見る(全2件)

本作の舞台は、北マケドニアの小さな街シュティプ。32歳の女性ペトルーニャは、ある日女人禁制の伝統儀式に遭遇する。それは司祭が川に投げ入れた十字架を手にした者に、幸せが訪れると言われるもの。ペトルーニャは思わず川に飛び込み、その十字架を手に入れるが、男たちから「女が取るのは禁止だ!」と猛反発され、やがて事態は教会や警察を巻き込んだ大騒動に発展していく。

テオナ・ストゥルガル・ミテフスカ

テオナ・ストゥルガル・ミテフスカ[拡大]

監督を務めたのは、北マケドニアの首都スコピエで生まれたテオナ・ストゥルガル・ミテフスカ。2014年に起きた実話をベースに、幸福を求めるペトルーニャの闘いを、アイロニーとユーモアを交えながら描いた。なおミテフスカは3月に来日する。

※「ペトルーニャに祝福を」は、新型コロナウイルスによる感染症の拡大を受けて公開延期となりました。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

この記事の画像(全2件)

関連記事

リンク

(c)Sisters and Brother Mitevski Production,Entre Chien et Loup,Vertigo.Spiritus Movens Production,DueuxiemeLigne Films, EZ Films-2019 All rights reserved