映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

飯豊まりえ誕生日記念「シライサン」メイキング写真公開、乙一が「凄い透明感」

104

「シライサン」メイキング写真より、稲葉友(左)、安達寛高(中央)、飯豊まりえ(右)。

「シライサン」メイキング写真より、稲葉友(左)、安達寛高(中央)、飯豊まりえ(右)。

本日1月5日は、飯豊まりえの22歳の誕生日。それを記念し、単独初主演作「シライサン」よりメイキング写真が到着した。

「シライサン」は、小説家・乙一として知られる安達寛高が監督と脚本を担当したホラー。その名を知った者のもとに現れ、目をそらした人間を殺す怨霊“シライサン”の恐怖が描かれる。親友を目の前で亡くした瑞紀を飯豊、弟を失った春男を稲葉友が演じた。

メイキング写真には、2019年3月19日に飯豊と稲葉がクランクアップを迎えた際の様子も収められた。なお安達は飯豊の第一印象を「凄い透明感だなと思いました」と振り返り、演出に関しては「こちらから何か言うことなく、最初からイメージ通りのものを提示してくれました」とコメント。さらに飯豊と役を比較し「映画に映っているのは冷たいトーンの印象のある、あんまり笑わないのかなって雰囲気の子なんですけど、ご本人は凄い陽性の方で、役者ってこんなにスイッチを切り替えられるのだなと改めて驚かされました」と話した。

「シライサン」は1月10日に公開。

(c)2020松竹株式会社

映画ナタリーをフォロー