映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

飯豊まりえが「シライサン」に濡れ衣?稲葉友「まりえさんの責任です!」

572

「シライサン」の初日舞台挨拶の様子。左から稲葉友、飯豊まりえ。

「シライサン」の初日舞台挨拶の様子。左から稲葉友、飯豊まりえ。

シライサン」の初日舞台挨拶が本日1月10日に東京・新宿ピカデリーで行われ、キャストの飯豊まりえ稲葉友、監督の安達寛高が登壇した。

本作は小説家・乙一として知られる安達が監督と脚本を担当したホラー。その名を知った者のもとに現れ、目をそらした人間を殺す怨霊“シライサン”の恐怖が描かれる。親友を目の前で亡くした瑞紀を飯豊、弟を失った春男を稲葉が演じた。

ホラー初挑戦となった飯豊は公開初日を迎えた心境について「『シライサン』の恐怖が知れ渡って、皆さんを震い上がらせてほしいなと思います」とにこやかにコメント。稲葉は撮影現場での飯豊の様子を「とびきり怖がっていました」と報告し、「僕が怖がっている暇なんかなかったです。何が起きても『シライサンが来たんじゃないか!』って、警戒心がすごくて」と笑う。飯豊がセリフを噛んだことをシライサンのせいにすると、稲葉は「それはまりえさんの責任です!」とキッパリ言って会場の笑いを誘った。

出演者にオーバーリアクションはやめるように演出したという安達。その理由を「キャー!と叫んだら怖さが終わっちゃうので」と語る。飯豊は「『シライサン』に出るとなったときに『よし、叫ぼう!』と思ってたんです。でも監督から『怖がらないでください』って言われて、ホラー映画のヒロインの醍醐味が封印されると思って」と回想し、「でも、こうやって監督のこだわりを聞くと、新しいホラー映画ができたなと思います」と声を弾ませた。また、飯豊は「ホラーを作る人とは思えない優しい方」と安達の印象に言及。「でも、ギャップがすごくて! 打ち上げのときに監督は『僕は人々を絶望に陥れたいんです』と言ってたんです」と裏話を披露した。

続いて3人は今年の抱負を漢字1文字で表現する。「怖」と書かれたフリップを見せた飯豊は「新しい環境に怖がらずに立ち向かうつもりで選びました。ホラー映画にもちなんで」とはにかむ。稲葉は「ちなんでて偉いね」と飯豊を褒めると「実」という漢字を掲げ「現実から目をそらさず、実績を積み、実生活でも実りのある生活をと思って」とすらすらと言ってのけ、観客を感心させる。最後に「体」を選んだ安達は「目をそらしてはいけないものと言ったら体重計ですよ。体重計に乗るが怖くて……(笑)」と照れくさそうに打ち明け、飯豊と稲葉を驚かせた。

イベント終盤には、飯豊と稲葉がともに1月生まれであることからサプライズで片目のない“シライサン”ケーキが登場。映画のヒット祈願のため飯豊が目を入れると、会場からは大きな拍手が起こった。

「シライサン」は全国で公開中。

(c)2020松竹株式会社

映画ナタリーをフォロー