映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

映画「キャッツ」吹替版に葵わかな、山崎育三郎、森崎ウィン、大竹しのぶら出演

1089

葵わかな

葵わかな

映画「キャッツ」の日本語吹替版に葵わかな山崎育三郎らが出演していることがわかった。

これは、本日11月18日に東京のザ・リッツ・カールトン東京で行われた制作発表会で明らかになったもの。葵は主人公のヴィクトリア、山崎は猫たちのリーダーであるマンカストラップに息を吹き込む。

そのほか本作の代表的ナンバー「メモリー」を歌うグリザベラ役で歌手の高橋あず美、太っちょでお金持ちのバストファージョーンズ役で秋山竜次ロバート)、マジックが得意で気弱なミストフェリーズ役で森崎ウィンPRIZMAX)が出演。働きもので鉄道を愛するスキンブルシャンクス役には大貫勇輔、猫たちの偉大な長老であるオールドデュトロノミー役には大竹しのぶが起用された。吹替版の音楽プロデュースは蔦谷好位置が担当する。

同名ミュージカルをトム・フーパーが映画化した「キャッツ」は、2020年1月24日より全国ロードショー。なお映画ナタリーでは、制作発表会の模様を追ってレポートする。

※関連記事はこちらから
猫好きの葵わかなが「キャッツ」出演喜ぶ、ロバート秋山は「もう猫語でしゃべりたい」

(c)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー