映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ミュージカル「キャッツ」の映画版にテイラー・スウィフトら出演

263

「英国王のスピーチ」「レ・ミゼラブル」の監督トム・フーパーによるミュージカル「キャッツ」の映画化企画が本格始動。このたび歌手のテイラー・スウィフトらの出演が決まったとThe Playlistなどが報じた。

報道によると、代表的ナンバー「メモリー」を歌うグリザベラ役で「ドリームガールズ」のジェニファー・ハドソンが出演。またテイラーのほか、「ピーターラビット」で声と主題歌を担当したジェームズ・コーデン、「美女と野獣」でコグスワースに声を当てたイアン・マッケランもキャスティングされている。本作は年内に撮影が始まる予定だ。

アンドリュー・ロイド・ウェバーが手がけたミュージカル「キャッツ」は、1981年にロンドンで初演され、世界各国で驚異的なロングランとなった作品。都会のごみ捨て場を舞台に、人間に飼い慣らされることを拒否した猫たちが歌と踊りを繰り広げるさまが描かれる。映画版では「リトル・ダンサー」のリー・ホールが脚本を担当する。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

映画ナタリーをフォロー