映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

有楽町スバル座の閉館イベントで49作品を上映、大林宣彦ら登壇の舞台挨拶も

738

1946年の有楽町スバル座外観。

1946年の有楽町スバル座外観。

10月20日をもって閉館する東京・有楽町スバル座の特別興行「スバル座の輝き~メモリアル上映~」が、10月5日から20日にかけて開催される。

有楽町スバル座は、日本初の洋画ロードショー劇場であった丸の内スバル座を継承し、有楽町ビルの竣工とともに1966年4月に開館。53年の愛顧に感謝を込めて、このイベントでは同館で上映された作品を中心に16日間で49作品を上映する。ラインナップには、「イージー★ライダー」「スタンド・バイ・ミー」「太陽がいっぱい」「黄金狂時代」といった洋画や、「駅・STATION」「教誨師」「シコふんじゃった。」などの邦画が並んだ。20日のラストには大林宣彦の「花筐/HANAGATAMI」がスクリーンにかけられる。

また各日に登壇する舞台挨拶ゲストも明らかに。大林をはじめ、安藤サクラ安藤桃子阪本順治玉置玲央原田泰造らが出席する予定だ。チケットは、当日券が1000円均一で開館時より各回発売される。また、上映期間中のすべての作品を観ることができる5000円のメモリアルチケットが、劇場窓口で販売中。このチケットには、同館の昔の外観を印刷したオリジナルクオカード500円分が付属する。

スバル座の輝き~メモリアル上映~

2019年10月5日(土)~20日(日)東京都 有楽町スバル座
<上映作品>
イージー★ライダー
クレイマー、クレイマー
アトランティス
太陽の季節
狂った果実(1956年)
非行少年 陽の出の叫び
爆弾男といわれるあいつ
殺しの烙印
スタンド・バイ・ミー
ブルース・ブラザース
卒業(1967年)
夜叉
ミスト
ゴッドファーザー
シンプル・ギフト はじまりの歌声
七人の侍
昼顔(1967年)
黄金狂時代
チャップリンの独裁者
街の灯(1931年)
灰とダイヤモンド
道~白磁の人~
駅・STATION
ミッドナイト・バス
太陽がいっぱい
追憶(1973年)
小さな恋のメロディ
駅馬車

教誨師
さらば箱舟
オール・ザット・ジャズ
シコふんじゃった。
東京裁判
ローマの休日
人類資金
エヴェレスト 神々の山嶺
地上より永遠に
団地
エルネスト
影武者
どついたるねん
顔(2000年)
大鹿村騒動記
モダン・タイムス
トカレフ
王手
0.5ミリ
花筐/HANAGATAMI

<ゲスト>
安藤サクラ / 安藤桃子 / 大林宣彦 / 五頭岳夫 / 阪本順治 / 佐向大 / 篠田伸二 / 高橋伴明 / 瀧川鯉昇 / 竹下昌男 / 玉置玲央 / 七瀬公 / 根岸吉太郎 / 原田泰造 / 林家正楽 / 林家彦いち / 平山秀幸ほか

料金:メモリアルチケット 5000円 / 当日券 1000円

映画ナタリーをフォロー