映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

さらば箱舟

さらば箱舟

サラバハコブネ

解説

1983年5月に死去した寺山修司の遺作。架空の村を舞台に、いとこ同士が結婚すると豚のシッポの生えた子供が生まれるという、タブーを犯して一緒になった捨吉とスエの運命を縦糸に、封建的な村落共同体が文明の波をかぶって近代化へと脱皮していく過程を横糸にして織り成された一大叙事詩。ロケ地には沖縄が選ばれ、南国の陽光の中で寺山一流の幻想的、呪術的な映画詩が展開する。実はこの作品は当初ガルシア・マルケスの『百年の孤独』の映画化として企画されたという経緯があるが、トラブルの末、紛れもない寺山ワールドとして見事に完成した。入院の要請を断って撮影を強行した寺山の執念が結実した作品である。

上映時間:127分 / 製作:1982年(日本) / 配給:ATG=人力飛行機舎=劇団ひまわり

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー