映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

チャップリンの独裁者

チャップリンの独裁者

チャップリンノドクサイシャ
THE GREAT DICTATOR

解説

チャップリンが、製作・監督・脚本・主演(二役)して痛烈にヒトラーの独裁政治を批判した作品。1939年9月、ドイツがポーランドに侵入し、第二次大戦が勃発したその月にこの映画の撮影を開始し、ドイツがフランスを屈服させた1940年に完成。第二次大戦初期のドイツが破竹の勢いで侵攻している時代に、ヒトラーを戯画化したこの映画は、製作中に脅迫が絶えなかったといわれる。チャップリンは仮想国トメニアの独裁者ヒンケルと、彼と瓜二つのユダヤ人の理髪師の二役をこなす。そして、世界制覇の野望に狂う独裁者の仮面をはぎ、ユダヤ人弾圧の非人道性を訴えた。さらに、全世界の人々に自由のために闘うことを呼びかける……。オーキーが扮したナパロニは、ムッソリーニを皮肉った痛烈なパロディーになっている。チャップリン初のトーキー作品で、チャップリンのトレードマークである山高帽・ドタ靴・ステッキ姿の最後の作品でもある。

上映時間:124分 / 製作:1940年(米) / 配給:ヘラルド

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー