映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

柄本佑が“リアリティある性描写”の裏側明かす、「動きを覚えるのが大変!」

102

「火口のふたり」公開を記念した舞台挨拶の様子。

「火口のふたり」公開を記念した舞台挨拶の様子。

火口のふたり」の公開を記念した舞台挨拶が、本日8月24日に東京・新宿武蔵野館で開催され、キャストの柄本佑瀧内公美、監督と脚本を担当した荒井晴彦が出席した。

白石一文による同名小説をもとにした本作は、数年ぶりに再会した男女が、抑えきれない衝動の深みにはまっていくさまを描く物語。脚本家として知られる荒井にとっては、「身も心も」「この国の空」に続いてこれが3本目の監督作となる。

キャストが柄本と瀧内の2人のみであることについて、荒井は「実験的だと言われるけれど、単純に予算がなかっただけです(笑)」と茶目っ気たっぷりに話す。柄本は「瀧内さんが堂々としていて男らしく、『どうぞ!』という感じだったのでよかった。かっこよかったです」と濡れ場のシーンが多かった瀧内との共演を振り返る。「性描写にリアリティがある」というMCのコメントには、柄本が「台本に動きが細かく書かれているんです。そっちの動きを覚えるほうが大変!」と声を上げたあとに「ああいうのってシミュレーションをしているんですか?」と荒井に尋ね、照れて言い淀む彼から「AVを観たりね」との言葉を引き出す。瀧内は「動きが本当に細かったので、アクションシーンのようでした」と撮影を懐かしんだ。

すでに映画を鑑賞した人たちからの声を、柄本は「女性の方は(瀧内演じる)直子への共感度がわりと高いらしく。そうなんだ……怖い!と思いました」と紹介する。瀧内は結婚を控える友達から「エモくて泣いた」との感想をもらったそうで、「(本作のメッセージが)伝わったなとうれしくなりました」と笑顔を見せた。

最後に瀧内は「これだけ欲を映し出した作品はなかなかないので、多くの人に観てもらいたいな」と、柄本は「憧れの荒井晴彦脚本、そして“荒井監督”の作品に出られた。僕にとって大事な映画です」とそれぞれ挨拶。荒井は「今日だけじゃなくて明日も劇場に来てほしいなあ。3度目くらいは寝ててもかまいませんからとにかく来てください」と冗談交じりに観客に呼びかけた。

「火口のふたり」は新宿武蔵野館ほかにて公開中。

※「火口のふたり」はR18+指定作品

(c)2019「火口のふたり」製作委員会

映画ナタリーをフォロー