映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ライオン・キング」が「天気の子」押さえ動員トップ、「ダンスウィズミー」初登場

70

8月17日から18日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、「ライオン・キング」がトップを獲得した。

ジョン・ファヴローが監督を務めた「ライオン・キング」は、王家の一族に生まれたライオン・シンバが自身の運命を受け入れ“真の王”となっていくさまを描く物語。プレミアム吹替版には賀来賢人、江口洋介、佐藤二朗、亜生(ミキ)らが出演している。前週の2位から1つ順位を上げ、首位となった。

初登場作品では、「ウォーターボーイズ」で知られる矢口史靖のミュージカルコメディ「ダンスウィズミー」が10位に登場。“音楽を聴くと歌って踊らずにいられない体”になってしまったOL・鈴木静香を三吉彩花が演じたほか、やしろ優、chay、三浦貴大、ムロツヨシ、宝田明が共演に名を連ねた。

また、新海誠の監督最新作「天気の子」、菅田将暉が主演を務める「アルキメデスの大戦」、3DCGアニメーション「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」がそれぞれ前週より1つ順位を上げている。

2019年8月17日~18日の全国映画動員ランキングトップ10

1.(2↑ / 2週目)「ライオン・キング」
2.(3↑ / 5週目)「天気の子」
3.(1↓ / 2週目)「ONE PIECE STAMPEDE
4.(4→ / 6週目)「トイ・ストーリー4
5.(5→ / 3週目)「ワイルド・スピード/スーパーコンボ
6.(6→ / 4週目)「ペット2
7.(8↑ / 4週目)「アルキメデスの大戦」
8.(9↑ / 6週目)「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」
9.(7↓ / 3週目)「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー
10.(NEW)「ダンスウィズミー」

※()内は先週の順位と公開週数
※興行通信社調べ

映画ナタリーをフォロー