映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

高良健吾が「アンダー・ユア・ベッド」で共演の西川可奈子を「全力ふきふき」

288

「アンダー・ユア・ベッド」完成披露上映会の様子。左から三宅亮輔、西川可奈子、高良健吾、安部賢一、安里麻里。

「アンダー・ユア・ベッド」完成披露上映会の様子。左から三宅亮輔、西川可奈子、高良健吾、安部賢一、安里麻里。

アンダー・ユア・ベッド」の完成披露上映会が本日7月4日に東京・テアトル新宿で行なわれ、キャストの高良健吾西川可奈子安部賢一三宅亮輔、監督を務めた安里麻里が登壇した。

KADOKAWAとハピネットによる企画「ハイテンション・ムービー・プロジェクト」の第2弾となる本作。大石圭の同名小説をもとに、誰の記憶にも残らず存在を忘れられてきた孤独な主人公・三井直人が、11年前に人生で初めて自分の名前を呼んでくれた女性・千尋を追い、彼女をベッドの下からのぞき見するさまが描かれる。

三井役の高良は、本作が30代に突入してから初めて撮影された映画だと語り、「30代の最初の1年ってこういう気持ちになるんだということが確認できた作品でした。この映画が皆さんにどう受け入れられるんだろうという興味が湧いています」と述べた。オファーを受けたときの心境を問われると、「久しぶりに痛々しくてヒリヒリした役が来たなと思いました。20代までは役が抱える問題を自分の問題にしすぎていたんです。ですが、そのやり方で続けていたらどこかで不具合が起きると思っていたので、この作品では三井の問題をどういう距離感で扱って、役を表現できるのかということが楽しみでした」と話した。

安里は、プロットの段階から高良が三井役として浮かんでいたと明かす。「三井を描くにあたって、一面的な人間ではなくグラッグラに不安定な人間にしたかったんです。そう考えると、面のいい人に振り切った演技をしていただきたかったんですよ。ずばり、イケメンを汚したいという理由です」と“白状”し、高良を笑わせた。続けて安里は、三井が千尋のことを思い出すシーンのテストで行なわれた、高良とのやりとりを回想する。「すごく繊細な演技をされたあとにこちらに走ってこられて、『僕はこれぐらいで伝えたいと思います。ですが、監督が見ていて足りないようであればいつでもなんでも言ってください』と言われたんです。全部素直に、まっすぐこちらに向かってくる姿に感動しました」と興奮気味に語った。

千尋を演じた西川はオーディションで選抜されており、安里は「魅力的な方が何人もいて本当に悩んだんですけど、西川さんの中のあどけなさが刺さったんです。どんなに過酷なことがあっても子供っぽさのようなものが残っていて、永遠にすれない部分を彼女に感じたので決断しました」と回想した。オーディションでの相手役も務めた安部は「(当日は)立場的に言っちゃいけないなと思っていたんですが、西川さんに決まるなと思っていました。だって、監督もプロデューサーも『見つけたー!』みたいな顔をしてるんですよ(笑)」と暴露し、観客を笑わせた。

壮絶なDVを受ける役どころのため、全身にあざの特殊メイクを施していた西川は「簡単に取れないようにしていただいてるんですけど、自分では極力触らないようにしていました」と述べるも、撮影中に高良の演技によって「ヒヤヒヤさせられた」と語る。西川は「三井くんが千尋を拭いてくれるシーンだったんですが、高良さんが全力で演じているので、拭き方がすごかったんですよ。全力ふきふき!(笑) 火が出るんじゃないかと思うぐらいの強さだったんですけど、うれしかったですね」と明かす。イベントではこのほか、高良と安部が西川と安里に花束を贈るサプライズを実施したほか、大石から登壇者への感謝のメッセージが読み上げられた。

「アンダー・ユア・ベッド」は7月19日より東京・テアトル新宿ほか全国で順次公開。

※「アンダー・ユア・ベッド」はR18+指定作品

(c)2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会

映画ナタリーをフォロー