映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「新聞記者」松坂桃李にシム・ウンギョンが「今日ナウいですね」

1465

左からシム・ウンギョン、松坂桃李。

左からシム・ウンギョン、松坂桃李。

新聞記者」の完成披露上映会が本日6月4日に東京・丸の内ピカデリーで行われ、キャストのシム・ウンギョン松坂桃李高橋和也北村有起哉田中哲司、監督の藤井道人が出席した。

望月衣塑子の著書「新聞記者」を原案とする本作では、国家権力の闇に迫ろうとする新聞記者・吉岡と、現政権に不都合なニュースをコントロールする任務を与えられたエリート官僚・杉原の運命が交錯するさまが描かれる。シム・ウンギョンが吉岡、松坂が杉原を演じた。

舞台挨拶ではまずシム・ウンギョンが「自分が持っている集中力の全部を出してがんばりました。この映画で経験したことは貴重で、自分の芝居も成長したと思います」と日本語で撮影を振り返る。「ズシンと来るシーンが多く、気持ちが上がるところがあまりなかった」と苦笑いを浮かべた松坂は、「杉原という男は1つひとつの出来事に対して信念をぶつけて、揺れ動いて、そのたびに何かを問いただそうとしている。自分は果たしてそういうことができているかを考えました」と自身が演じたキャラクターからの影響を語った。

杉原の上司である内閣参事官・多田に扮した田中。「今までに悪い役はたくさんやってきたんですけど、その集大成のように感じました」と話すと、松坂は「静かなものがゆっくり迫って来るような怖さを感じました」と共演時の印象を伝えた。吉岡の上司にあたる陣野を演じた北村は「実際に東京新聞の社会部をお借りして撮影しました。こんなふうに偉そうにしたりも」と、椅子の背にもたれかかるしぐさをして陣野の素行を表現。杉原の元上司・神崎役の高橋は、映画で政治的な事柄が描かれていることに触れ「とても勇気のある映画です。この作品には覚悟を決めて参加しないといけないなと」と当時の心境を打ち明ける。

続いてシム・ウンギョンが新聞記者になりきって登壇者たちに質問をしていく。「セリフをどこで覚えますか?」という質問に田中が「僕は歩きながら。というか歩きながらでないと(頭に)入らないんです。だから雨の日でも外を歩きます」と回答すると、シム・ウンギョンは「言い切れますか?」と突如詰め寄り、会場に大きな笑いを起こした。休日は何をしているか聞かれた松坂は「僕はひたすらテレビを観ています」と吐露。北村から「自分を追い込んだりはしないの?」と尋ねられると「いやあ、もう解放されたいですね」と正直な気持ちを述べ、それを聞いたシム・ウンギョンは「私もです」と屈託のない笑顔を見せた。

また、松坂がシム・ウンギョンに気に入っている日本語を聞く場面も。シム・ウンギョンが「あります。“ナウい”です」と回答すると、高橋は「古いよね? それ俺が子供の頃に流行ったやつだよ!」とツッコミを入れる。シム・ウンギョンから「今日ナウいですね」という言葉を贈られた松坂は「ありがとうございます」と照れつつも感謝した。

「新聞記者」は6月28日より東京・新宿ピカデリー、イオンシネマほかにて全国ロードショー。

(c)2019『新聞記者』フィルムパートナーズ

映画ナタリーをフォロー