BLマンガ「性の劇薬」映画化、監督は「私の奴隷になりなさい」続編の城定秀夫

662

水田ゆきによるBLマンガ「性の劇薬」が、R18+指定作品として実写映画化。「私の奴隷になりなさい」第2章と第3章や「新宿パンチ」で知られる城定秀夫が監督を務める。

水田ゆき「性の劇薬」書影

水田ゆき「性の劇薬」書影

大きなサイズで見る(全2件)

性の劇薬」では、エリート人生から転落した桂木誠と、彼が飛び降り自殺を図る直前に出会った謎の男・余田龍二の姿が描かれる。Webマンガサイトでは100万を超える累計ダウンロード数を記録した。キャスト情報は、9月の公式サイトリニューアル時に発表される予定だ。

性の劇薬」は2020年春頃に公開予定。

※「性の劇薬」はR18+指定作品

この記事の画像(全2件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

城定秀夫のほかの記事

リンク

(c)2019 フューチャーコミックス

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 性の劇薬 / 城定秀夫 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。