映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

性の劇薬

性の劇薬

セイノゲキヤク

解説

累計ダウンロード数100万を超える、水田ゆきの電子BLコミックを実写映画化したR18作品。人生に絶望し、自殺しようとした男が、監禁、調教といった“性“の体験によって“生“の意味を見つけ取り戻していく姿を描く。北代高士、渡邊将、長野こうへい、階戸瑠李らが出演し、『恋の豚』『新宿パンチ』などの鬼才・城定秀夫が監督を務めた。

ストーリー

エリートサラリーマンの桂木は、完璧な人生から脱落したという絶望から、酔いにまかせて飛び降り自殺を図ろうとする。そこに現れて桂木を助けたのは、謎の男・余田。“捨てるなら、その命を俺によこせ!“と、桂木を監禁した余田は、桂木を調教しはじめる。

2020年2月14日(金)公開[R-18] / 上映時間:89分 / 製作:2019年(日本) / 配給:フューチャーコミックス

(C)2019 フューチャーコミックス

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー