FOD連続ドラマ「ポルノグラファー~インディゴの気分~」 PR

FOD連続ドラマ「ポルノグラファー~インディゴの気分~」竹財輝之助×吉田宗洋×猪塚健太×丸木戸マキ|不安、それとも喜び?それぞれが体験した役との再会

ドラマ「ポルノグラファー~インディゴの気分~」が、フジテレビの動画サービスFODにて配信中だ。

丸木戸マキによるマンガ「インディゴの気分」を、「旅猫リポート」の三木康一郎が映像化した本作。2018年夏より、FODで配信およびフジテレビで地上波放送された「ポルノグラファー」の過去編にあたる物語で、小説家・木島理生と編集者・城戸士郎の関係が描かれる。

映画ナタリーでは、このたび木島役の竹財輝之助、城戸役の吉田宗洋、「ポルノグラファー」で木島と恋に落ちる久住春彦役の猪塚健太による鼎談をセッティングした。さらに取材直前に丸木戸の参加が急遽決定し、4人による座談会が実施される運びに。前作の反響をはじめとして、同じ役を再び演じることになった心境、撮影時の印象的なエピソードなどを語ってもらった。

取材・文 / 秋葉萌実 撮影 / 曽我美芽

「木島理生が実在した」にほっとした(竹財)

──前作「ポルノグラファー」はSNSを中心に大きな反響を呼びました。作品の魅力が視聴者に届いたという手応えは感じましたか?

左から吉田宗洋、竹財輝之助、猪塚健太。

竹財輝之助 「木島理生が実在した」と言っていただけたのにはほっとしました。僕自身は経験則から役を作っていく人間で、男性を愛したことがなかったので最初は演じることに迷いがあったんです。

猪塚健太 僕は、原作を好きな方から「実写化は不安だったけど、ドラマを観ることで作品がより好きになった」と感想をもらえたのがうれしかったです。

吉田宗洋 「より作品が好きになった」と言ってもらえるのはうれしいね。「ポルノグラファー」では僕が出ている場面は少ないですが、限られた出演シーンでも「インディゴの気分」で城戸と木島が重ねてきた時間を感じ取れたと言っていただけたのが印象的です。

丸木戸マキ マンガの実写化ってやっぱり不安視されることが多いので、私自身も最初はファンタジー色の強いBLマンガを実写にするのはどうなのかな?と思っていたのですが、とても楽しめました。原作よりも好きと言う方もいらっしゃるので、そういう見方をしてもらえる作品になって幸せだなと。

──「インディゴの気分」は原作に沿っているとはいえ、ドラマとしてはけっこう攻めた表現もありますね。本作を演じるにあたって大事にしようと思った要素は覚えていますか。

吉田 BL的な表現はもちろん意識はしますが、変にその要素を出しすぎてしまうと作品の主なメッセージが伝わらなくなって破綻するなと、撮影をしていく中で気付きました。

──その気付きはどの段階で得たのでしょうか。

吉田 蒲生田先生の病室で、木島が城戸の肩に頭を乗せるシーンだったかな。あれは演じ方ひとつで男同士が支え合う姿にもBLっぽくも見える。捉え方によって変わるので、観てくれる人にいろいろと感じてほしいです。

竹財 そうだね。僕は原作の雰囲気や温度感を自分なりに丁寧に表現したいと思っていて。あとは現場で吉田くんや猪塚くんと話したときに感じたインスピレーションを大事にしました。

──なるほど。ちなみに本作では木島と城戸の関係が主軸となりますが、久住役の猪塚さんはどういう気持ちで脚本を読んでいました?

「ポルノグラファー」

猪塚 それはもう、複雑でしたね! 僕の中には「ポルノグラファー」で6話かけて築き上げてきた木島先生との関係があったので、恋人の元彼との思い出話を読まされているみたいでした(笑)。

竹財 そうなんだ?

猪塚 僕が出演するシーンは、時間軸で考えると「ポルノグラファー」のその後で、「インディゴの気分」のメインとなるのは春彦としては知らない話なんです。だから脚本でストーリーは追いつつも、自分が出るシーンはあくまでも竹財さんと2人で前回作り上げた空気を大事にしました。視聴者の皆さんにその後何があったのかを想像してもらえる場面になればいいなと思いました。

──あの余韻がある終わり方が素敵だなと思いました。丸木戸先生は、脚本を読んでから製作サイドへ要望を伝える機会はあったのでしょうか。

丸木戸 多少直していただいたりはしましたが、大筋は最初の脚本通りです。今回は、ドラマの2話に原作の2話と3話分がキュッと凝縮されていて。木島と城戸の日常や、蒲生田先生のもとへ行くまでに彼らがどういう付き合いをしていたかを丁寧に描くことで、そのあとのエモさが増すかなと思ってはいましたが、撮影の都合でそこに時間を割けなかったりもしたんです。私は原作の2話で木島が公園でパンを食べるシーンが好きなのですが、それはなくなってしまい……(笑)。

猪塚 木島先生がパンを食べるシーン、いいですよねえ。

吉田 全然関係ないですが、昔あのスティックパンをよく食べましたよね?

猪塚 食べましたね! 僕は今でも食べます。

竹財 安くて量が多いよね。

丸木戸 (笑)。原作ファンの中にはあのシーンがお好きな方も多いらしいんです。そこはぜひスティックパンを食べる竹財さんの姿を想像してもらえたらいいなと思います。

──先ほど話にも出ましたが、本作は「ポルノグラファー」の過去編にあたります。この物語を演じるうえで、キャラクターに意識的に加えた変化は?

「ポルノグラファー~インディゴの気分~」

吉田 単純に、“独り身の男性”というところだけですね。自分も奥さんや子供がいないので、そのままの感覚でやればいいのかなと考えました。あえて若さを表現するよりも、そっちのほうが人物のリアリティが出る気がしました。

竹財 僕は「ポルノグラファー」に比べて、木島本人がまだ知らないことが多い時代なので、その若さや青さ、純粋さは意識しました。あと技術的なことで言えばセリフを言うスピード感を大切にしていて。

──確かに、「ポルノグラファー」の木島は、たっぷりと間を取りながらしゃべっていましたね。

竹財 そうですね。前作では原作マンガを読んだときに、先生の書くセリフから湿度を感じたんです。だから僕もそれを大事に、ねっちょりたっぷり演じていました。今回はそういうことはなかったかな。前回の木島は、自分の目的を達成するために春彦の前では少し演技をしている部分があった。今回はその目的がないから、どちらかといえば翻弄されるほうでした。

猪塚 この3人の中だと、木島先生が一番キャラクターとしての変化がありましたね。

──今回、再び同じ役を演じるにあたって戸惑いはありました?

竹財輝之助

竹財 正直に言うと、逃げようと思ったんです。期間を空けて同じ役を演じるのは初めてだったので、前作を越えなければというプレッシャーがありましたし、どうやってたっけ? 木島理生ってどんな人だっけ?と不安だらけでした。初日は本当に逃げたかった! でも現場でひさしぶりにスタッフの皆さんの顔を見たり、木島として城戸と話して「ああ、大丈夫だな」と感じました。

吉田 初日はやっぱりドキドキするよね。「ポルノグラファー」のときは、「インディゴの気分」の時間を意識しながら演じた部分があったのですが、いざ自分がそれを体現するとなると緊張しました。今の自分の演技は、前作の頃に自分が思い描いていたものになっているのか?という葛藤も多々あったり。

猪塚 そうなんですね。僕は、製作が決まったときは「よっしゃー!」しかなかったです。春彦は少し余裕がある大人になったなあと。でも脚本を開いてみたら、先生の“元彼”の話に複雑な気持ちにされまくって……。

吉田 “元彼”ってたくさん言うね(笑)。

「ポルノグラファー~インディゴの気分~」
FODにて配信中
ストーリー

編集者の城戸士郎は、恩師の葬儀で大学の同級生だった純文学作家・木島理生と再会する。小説家を志していた城戸には、木島の作品を読んだことで自身には才能がないと気付き、筆を折った過去があった。しかしひさびさに顔を合わせた木島は、創作に行き詰まった様子。そこで城戸は、木島にポルノ小説の執筆を依頼し、ある目的のために彼を大御所ポルノ作家・蒲生田のもとへ弟子入りさせるが……。

スタッフ / キャスト

演出・脚本:三木康一郎

原作:丸木戸マキ「インディゴの気分」(on BLUE comics刊)

音楽:小山絵里奈

出演:竹財輝之助、吉田宗洋、猪塚健太、大石吾朗ほか

フジテレビが運営する動画配信サービス。現在放送中のドラマやバラエティ、懐かしの名作映画、アニメなど4万本以上が月額888円(税抜)~で見放題となる。PC、スマートフォン、タブレットなどでいつでもどこでも視聴が可能で、雑誌の最新号や人気マンガが無料で読める特典も。

竹財輝之助(タケザイテルノスケ)
1980年4月7日生まれ、熊本県出身。2004年に「仮面ライダー剣」で俳優デビュー。主な映画参加作に「未来予想図~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~」「ママレード・ボーイ」などがある。そのほか、NHK Eテレ「旅するスペイン語」に出演。
吉田宗洋(ヨシダムネヒロ)
1982年10月21日生まれ、長野県出身。「信長の野望・大志」シリーズや「男おいらん」など多くの舞台作品に出演。「信長の野望・大志 夢幻 ~本能寺の変~」が、2019年5月18日に埼玉・戸田市文化会館、5月21日から26日まで東京・シアター1010で上演される。
猪塚健太(イヅカケンタ)
1986年10月8日生まれ、愛知県出身。主な出演作はミュージカル「テニスの王子様」、テレビドラマ「今日から俺は!!」、舞台・映画「娼年」など。2019年9月からは舞台「A New Musical『FACTORY GIRLS~私が描く物語~』」が東京と大阪で上演される。
丸木戸マキ(マルキドマキ)
2015年に「水曜の朝、午前3時30分」でデビュー。主な著作は「ポルノグラファー」「インディゴの気分」「アケミちゃん」「目を閉じても光は見えるよ」「オメガ・メガエラ」など多数。現在、on BLUE(祥伝社)にて「〈續・ ポルノグラファー 〉プレイバック」が連載中。