映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「春待つ僕ら」コメンタリーにキャスト再集結「またこのメンバーでやりたい」

2539

春待つ僕ら」のBlu-ray / DVDが、本日5月10日に発売された。

あなしんによる同名マンガを平川雄一朗が実写化した本作は、土屋太鳳扮する女子高生・春野美月と、個性豊かなバスケットボール部の男子たちを描く青春ストーリー。バスケ部4人を北村匠海DISH//)、磯村勇斗杉野遥亮稲葉友が演じ、美月の幼なじみである天才バスケ選手・神山亜哉に小関裕太が扮した。

ソフトのプレミアムエディションには、3時間超えの特典映像を収録。メイキングには、男性キャストたちが壁ドンをしてふざけ合う様子や、真剣な表情で挑んだ試合シーンの裏側が収められている。最後に撮影したウインターカップのシーンでは、土屋が大勢のエキストラに向け挨拶する姿や、クランクアップ後にキャストがロケ地の名産物・深谷ねぎを贈呈されるさまも切り取られた。

また特典のビジュアルコメンタリーには、メインキャスト6名と監督の平川が参加。土屋本人が考えた文章を使った作文コンクールのシーンでは、一同が思わず聞き入ってしまう一幕も。コメンタリーの締めくくりには、稲葉が「これだけいろんな思いが詰まっていることを知っていただけたらうれしいですし、ずっとこの作品を愛してもらえたらこんなにうれしいことはないです」と、杉野が「映画を観ながら話すことや、一緒に作ってきた人と観るということ自体が初めてだったので、このメンバーでそれができたことが幸せだなと思ってます」とコメントする。磯村は「それぞれの裏話を聞いてより楽しめてもらえると思いますし、“再会待つ僕ら”として、またこのメンバーでやりたいです」と野望を語り、小関は「1人ひとりが本気で挑んでこの作品に携わっていたので、その熱量が少しでも伝わればいいなと思って話していました」と収録を振り返った。

コメンタリーの最後に北村は「青春映画でありながら、どこか土臭さみたいな温かみのある作品だと思うので、これから先もこの映画を観た人が救われるような作品になってくれたらうれしいです」と、土屋は「この空間が心地よくて、この映画の撮影自体もすごくよかったなと改めて感じました」と話した。

(c)あなしん/講談社 (c)2018 映画「春待つ僕ら」製作委員会

映画ナタリーをフォロー