映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

乙一×飯豊まりえのホラー「シライサン」に稲葉友が出演、特報映像も公開

288

「シライサン」より、稲葉友演じる春男。

「シライサン」より、稲葉友演じる春男。

小説家・乙一として知られる安達寛高が監督と脚本を手がけた「シライサン」に、稲葉友が出演するとわかった。

本作は、“シライサン”にまつわる呪いの連鎖に巻き込まれてしまった女子大生・瑞紀の姿を描くホラー。眼球の破裂した死体が連続して発見される事件が起こり、目の前で親友を亡くしてしまった瑞紀を、飯豊まりえが演じる。

「春待つ僕ら」「私の人生なのに」の稲葉が本作で扮するのは、大学生の春男。眼球破裂と心不全という不自然な死因で弟を亡くした春男は、同じ境遇の瑞紀と出会い、連続不審死の調査に乗り出すこととなる。稲葉はこの発表にあたり「怯えながら台本を読み、恐怖という感情を楽しみながら参加させていただきました」とコメントした。

このたびYouTubeでは、本作の特報映像も公開。特報では、都市伝説を調べる2人や、真紅の鈴緒が貫通した不気味な手、そして「その名前を知ると、呪われる。目をそらしたら、殺される。」というコピーが映し出される。

「シライサン」は2020年1月に全国で公開予定。

稲葉友 コメント

ホラー映画ならではの張り詰めた空気と安達組ならではの穏やかな空気が同居した不思議な現場で、怯えながら台本を読み、恐怖という感情を楽しみながら参加させていただきました。安達監督の作り上げたシライサンの世界に僕が演じた役を通じてお客さんを引きずり込めたら幸せです。

(c)2020松竹株式会社

映画ナタリーをフォロー