映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

兎丸愛美が西原孝至の脚本を「ガン無視」、活弁シネマ倶楽部で理由を語る

21

左からMCの月永理絵、兎丸愛美、西原孝至。

左からMCの月永理絵、兎丸愛美、西原孝至。

Web番組「活弁シネマ倶楽部」の第18回がYouTubeにて配信中。「シスターフッド」の監督を務めた西原孝至とキャストの兎丸愛美が出演している。

東京で暮らす女性たちの感情に焦点を当て、ドキュメンタリーと劇映画パートで構成された「シスターフッド」。番組内では「わたしの自由について~SEALDs 2015~」などドキュメンタリーを多く制作してきた西原が、「私と、撮らせていただいているあなたとは違う人間なんだけど理解したいという“想像”が、ドキュメンタリーで大事だと思っている」と制作理念を語っている。また兎丸が撮影時を振り返り、西原の脚本について「ガン無視しました(笑)」というエピソードも飛び出す。

「シスターフッド」は東京・UPLINK渋谷ほか全国で順次公開。

映画ナタリーをフォロー