映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

冨手麻妙主演「スマホ拾っただけなのに」ゆうばり映画祭で上映決定、配信も

426

「娼年」の冨手麻妙が主演を務めるホラー「スマホ拾っただけなのに」が、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019で上映決定。あわせて4月17日よりDVDレンタルおよび配信が開始される。

本作は、映画オタクの若者3人が、旅先の田舎町で道に落ちているスマートフォンを拾ったところから始まる物語。3人はスマホの持ち主であるユウカに村の案内を頼むが、車の故障の助けを求めて入った民家で、怪しい老人たちからチェーンソーと鉈で襲い掛かられる。冨手のほか、齊藤友暁、茶谷優太、キャッチャー中澤、古川慎美谷和枝、神田美優、ウメモトジンギ安田ユウがキャストに名を連ね、特殊造型を西村喜廣と下畑和秀が手がけた。PFFアワード2018で観客賞に輝いた「一文字拳 序章 -最強カンフー少年対地獄の殺人空手使い-」の中元雄が監督、脚本、編集を担当する。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019は3月7日から10日にかけて北海道夕張市内で開催。

※記事初出時、一部のキャラクター名に誤りがありましたので訂正しました。

(c)2019 LEGEND PICTURES

映画ナタリーをフォロー