映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

冨手麻妙と映画オタクの童貞たちを老人が襲撃!「スマホ拾っただけなのに」予告

225

「スマホ拾っただけなのに」

「スマホ拾っただけなのに」

「娼年」の冨手麻妙が主演を務めるホラー「スマホ拾っただけなのに」の予告編がYouTubeにて公開。あわせて場面写真と冨手のコメントが到着した。

PFFアワード2018で観客賞に輝いた「一文字拳 序章 -最強カンフー少年対地獄の殺人空手使い-」の中元雄が監督、脚本、編集を担当する本作。スマートフォンを拾った童貞で映画オタクの若者3人とスマホの持ち主ユウカが、襲い来る老人たちから逃げ回るさまを描く。ユウカ役の冨手のほか、齊藤友暁、茶谷優太、キャッチャー中澤、古川慎美谷和枝、神田美優、ウメモトジンギ安田ユウがキャストに名を連ね、特殊造型を西村喜廣と下畑和秀が手がけた。

予告編には、映画の聖地巡礼旅行でとある田舎町にやって来たサイトー、アオヤマ、スズキ、そしてユウカが、チェーンソーや刃物を持った老人たちに襲撃されるさまが収められた。冨手は「『ホラー×童貞』って一番最高な組み合わせだと思うんです。その最高な組み合わせと新鋭・中元監督の才能が合わさって、日本で今最もくだらない、最も笑える、最も童貞心がくすぐられる、そんな作品になったのではないでしょうか!?」と語っている。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019で上映された「スマホ拾っただけなのに」は、明日4月17日よりDVDレンタルおよび配信がスタートする。

冨手麻妙 コメント

「ホラー×童貞」って一番最高な組み合わせだと思うんです。
その最高な組み合わせと新鋭・中元監督の才能が合わさって、日本で今最もくだらない、最も笑える、最も童貞心がくすぐられる、そんな作品になったのではないでしょうか!?
ホラー好きもアクション好きもスプラッター好きも童貞も、みんなみんな見てください!

(c)2019 LEGEND PICTURES

映画ナタリーをフォロー