映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

2PMジュノが主演作プレミア上映会でファンと交流、温泉きき湯ゲームで効能見抜く

291

「薔薇とチューリップ」プレミアム上映会の様子。

「薔薇とチューリップ」プレミアム上映会の様子。

ジュノ2PM)in 映画『薔薇とチューリップ』プレミアム上映イベント」が、神奈川・パシフィコ横浜で1月21日に開催された。

ジュノ(2PM)が主演を務めた日本映画「薔薇とチューリップ」は、かねてから2PMのファンを公言していたマンガ家・東村アキコが彼のために描き下ろした原作をもとに脚本作業が進められたもの。ジュノが現代アーティストのネロと韓国人留学生・デウォンを1人2役で演じる。

イベントは昼夜全2回にわたって行われた。映画の上映後、余韻に浸るファンの前に現れたジュノは「まずは明けましておめでとうございます」と新年の挨拶をしつつ「上映会のすぐあとなので、めちゃくちゃプレッシャーです。はあ……」と緊張をあらわにしてファンを沸かせた。

映画のベストシーンを紹介するコーナーでは、ジュノがお気に入りの3つのシーンを紹介。デウォンとネロが初めて出会うシーン、特別出演のチャンソンとの共演シーン、そしてデウォンがネロになりすますための指導を受けるシーンと、いずれも笑える場面を挙げたジュノは「できるだけいろんな姿をお見せしたいと思ってがんばりました!」と語った。さらに大真面目に絵を描くシーンが恥ずかしかったようで、2PMのメンバーにも見せたところ「何をしてるの?」と呆れられたというエピソードも披露する。

さらにイベントでは、デウォンが温泉好きなことにちなんで「効能を見抜け!きき湯ゲーム」と題されたファン参加型のゲームも実施。3つの入浴剤入りの湯に触り、肌荒れ、腰痛、冷え性など、それぞれの効能を当てるというゲームだ。水槽に手を入れながら「いったい僕は何をしているんでしょう」と戸惑うジュノだったが、次第に本気になり、会場で選ばれたファンと組んで全問正解を果たした。

入隊が決まっているジュノは、最後に「たくさんのプレゼントを皆さんに置いていきたいと思い、がんばりました。時間というものは早く経つものです。なので僕も早く戻ってきます。それまでの間、ネロとデウォンを見て、心の隙間を満たしてくれたらいいなと思います!」というメッセージをファンに届けた。

「薔薇とチューリップ」は5月3日より東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋、愛知・センチュリーシネマで公開。なおマンガは春より月刊!スピリッツにて連載がスタートする。

(c)2018 東村アキコ・小学館/ NBC Universal Entertainment Japan

映画ナタリーをフォロー