映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

2PMジュノが日本映画で主演、東村アキコが原作描き下ろし!チャンソンも出演

888

東村アキコのマンガを原作に、ジュノ2PM)が主演を務めた日本映画「薔薇とチューリップ」が、5月3日より公開されることが明らかに。あわせてティザー予告がYouTubeにて解禁された。

「海月姫」「東京タラレバ娘」などで知られ、かねてから2PMのファンを公言していた東村。映画は彼女が、ジュノのために描き上げた原作をもとに脚本作業が進められた。NBCユニバーサル・エンターテイメントの「ジュノの魅力を広めたい」という思いから、小学館の協力を得て始動した本プロジェクト。マンガは2019年春より月刊!スピリッツにて連載がスタートする。

映画にはジュノが1人2役で登場する。個展のため来日した世界的な現代アーティストのネロは、贋作が置かれていると噂の旅館を密かに訪問。そこで自分と瓜二つな韓国人留学生・デウォンに遭遇する。驚きを隠せないネロだったが、彼はある目的のため、デウォンに自分との入れ替わりを依頼。旅館の跡取り娘と触れ合う中で過去と向き合い始めるネロと、時代の寵児になりすましながら未来を模索するデウォンの姿が描かれる。

このたびジュノが登壇するイベントが、1月21日に神奈川・パシフィコ横浜にて開催されることも決定。本編上映のほか、トークショーやゲーム、歌唱など盛りだくさんのイベントとなる予定だ。来場者特典には、会場限定のメイキングDVDが用意された。チケットは2PM Official Fan Club Hottest Japanにて先行抽選受付中。12月27日よりチケットぴあにて先行販売、1月12日に一般発売される。

「薔薇とチューリップ」は東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋、愛知・センチュリーシネマにて公開。映画には2PMからチャンソンも出演する。そのほか谷村美月玄理ふせえりがキャストに名を連ねた。「僕は妹に恋をする」のねじめ彩木が脚本を手がけ、「たとえ世界が終わっても」「秘愛」の野口照夫が監督を務めている。

ジュノ(2PM)in 映画「薔薇とチューリップ」プレミアム上映イベント

2019年1月21日(月)神奈川県 パシフィコ横浜 国立大ホール
昼公演 開場 14:00 / 開演 15:00
夜公演 開場 18:00 / 開演 19:00
料金:1万2960円

(c)2018 東村アキコ・小学館/ NBC Universal Entertainment Japan

映画ナタリーをフォロー