映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

三浦貴大×成海璃子のホラーコメディに板垣瑞生、永尾まりやら10名出演

707

「ゴーストマスター」の追加キャスト。上段左から板垣瑞生、永尾まりや、原嶋元久、寺中寿之、篠原信一。下段左から川瀬陽太、柴本幸、森下能幸、手塚とおる、麿赤兒。

「ゴーストマスター」の追加キャスト。上段左から板垣瑞生、永尾まりや、原嶋元久、寺中寿之、篠原信一。下段左から川瀬陽太、柴本幸、森下能幸、手塚とおる、麿赤兒。

三浦貴大成海璃子のダブル主演作「ゴーストマスター」に、板垣瑞生永尾まりやらが出演していることがわかった。

映画の撮影現場が舞台の本作は、“壁ドン”に悩む主演俳優のせいで撮影がストップし、事態の収束を任された助監督・黒沢明の姿を描くホラーコメディ。今回発表されたキャストは10名で、板垣らのほかには原嶋元久寺中寿之篠原信一川瀬陽太柴本幸森下能幸手塚とおる麿赤兒も出演に名を連ねる。

あわせて、特報とティザービジュアルが解禁された。YouTubeで公開中の映像には、三浦演じる黒沢が「(トビー・)フーパーに謝れ」と口にしたのをきっかけに、映画監督の名前を次々と挙げる姿を収録。そしてほかのスタッフから「タランティーノはいいの?」と聞かれて「あいつはいい!」と叫ぶ様子や、悪魔が憑依した脚本が異様な姿へと変貌していくシーンが切り取られた。

ヤング ポールがメガホンを取った「ゴーストマスター」は12月6日より東京・新宿シネマカリテほか全国で順次ロードショー。なお本作は韓国で開催の富川ファンタスティック国際映画祭、スペインで行われるシッチェス・カタロニア国際映画祭に正式出品される。

(c)2019『ゴーストマスター』製作委員会

映画ナタリーをフォロー