映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「グリンチ」ワールドプレミアで大泉洋がカンバーバッチと対面「これがアメリカか!」

855

「グリンチ」ワールドプレミアにて、握手を交わすベネディクト・カンバーバッチ(左)と大泉洋(右)。

「グリンチ」ワールドプレミアにて、握手を交わすベネディクト・カンバーバッチ(左)と大泉洋(右)。

イルミネーションエンターテインメントの最新作「グリンチ」のワールドプレミアが、現地時間11月3日に米ニューヨークのアリス・タリー・ホールにて行われた。

本作はベネディクト・カンバーバッチ演じる不機嫌で孤独な主人公・グリンチが、クリスマスを盗もうと企てるさまを描いた長編アニメ。150mにわたるグリーンカーペットが敷かれ、人工で作られた雪が降る会場は、ひと足早くクリスマスムード一色に染まった。

日本語吹替版でグリンチ役を務める大泉洋は、タキシードに身を包みグリーンカーペットに登場すると「実際に(カンバーバッチに)会ったら『Nice to meet you』で終わっちゃうかもしれないな……」と弱気な様子を見せる。サンタクロースに“あるお願いごと”をするため、クリスマスを心待ちにする少女シンディ・ルーに声を当てた横溝菜帆は、生まれて初めての海外プレミアに「楽しみです!」と笑顔に。2人は報道陣に手を振りながらカーペットを歩いた。

続いて、イルミネーションエンターテインメントのCEOであり大泉にグリンチ役の“お墨付き”を与えたクリス・メレダンドリが現れる。大泉が深々と頭を下げ挨拶すると、メレダンドリは「僕たちの映画に出演してくれてありがとう! ここで会うことができてとってもうれしいよ」と感謝のコメント。また、そのほかのプロデューサーたちも代わる代わる大泉のもとを訪れた。本国版でルーを演じたキャメロン・シーリーは「自然にできたので難しくなかったわ!」と役作りについて話し、横溝から和柄のがま口財布をクリスマスプレゼントとして渡されると、「SO COOL!」と喜びをあらわにした。

プレミアも終盤に近づき、カーペットに君臨したカンバーバッチに大泉が「Japanese Grinch!」と名乗ると、カンバーバッチは「Fantastic!」と反応し、「この役は演じるのが楽しかったんじゃないかい?」と気さくに問いかける。カンバーバッチは観客に向けて「本作はユーモアとウィットに富んだ心温まるストーリーや、色鮮やかな映像といったイルミネーションならではの魅力が強く形作られた素晴らしい映画に仕上がっているんだ。だから小さな子どもたちや家族のみんなを含め、大勢の人々が劇場に足を運んでくれることを祈っているよ」とメッセージを送った。

プレミア終了後に大泉は「これがアメリカか! カオスのような雰囲気」と感想を口にし、カンバーバッチとの対面を「あっという間だった。物腰の柔らかい方だった」と回想した。

ヤーロウ・チェイニーとスコット・モシャーが監督を務めた「グリンチ」は、12月14日より全国でロードショー。

(c)2018 UNIVERSAL STUDIOS

映画ナタリーをフォロー