映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

メリー・グリンチマス!大泉洋の“グリンチ流”クリスマスでUSJがグリーンに

244

「グリンチ」公開記念イベント「スペシャル・“グリンチマス”・パーティ at ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の様子。

「グリンチ」公開記念イベント「スペシャル・“グリンチマス”・パーティ at ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の様子。

グリンチ」の公開記念イベント「スペシャル・“グリンチマス”・パーティ at ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」が、本日11月16日に大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンで行われ、日本語吹替版でグリンチ役を担当した大泉洋らが参加した。

ミニオンカラーの黄色で彩られたミニオン・パークに、吹替キャストの横溝菜帆がミニオンを引き連れて登場。「イエロー・クリスマス・パーティ」で盛り上がっていると、「ちょっと待ったー!」の声とともに大泉とベイビーグリンチがサプライズで出現して観客を驚かせる。

ひねくれ者のグリンチを演じた大泉は「僕たちを置いてみんなで盛り上がっちゃって。そんなことしたらひねくれちゃいますよ!」と拗ねたようにコメントする。クリスマスを心待ちにする少女・シンディ役の横溝から「クリスマスを一緒に楽しみましょうよ!」と誘われた大泉は、ベイビーグリンチたちと相談して“グリンチ流”のクリスマスを提案。大泉の「メリー」の掛け声に続き、観客が「グリンチマス!」と発すると、緑色のバルーンや紙吹雪が舞い、「イエロー・クリスマス」をグリンチのカラーであるグリーンに一変させてしまった。

大泉は「このグリンチはかなりひねくれものなんだけど憎めない。 そんな彼が(映画で)巻き起こす大騒動に皆さんも大いに巻き込まれて楽しんでください!」と本作の見どころを伝える。アフレコのエピソードに話題が及ぶと「グリンチの表情が人間のようにリアルだったから、それに声を合わせるのは大変だった。すべてのセリフに“本国”チェックが入りますからね! (ベネディクト・)カンバーバッチは勝手に好きなようにやるからいいけど、それに合わせないといけないんです。途中で辞めてやろうかと思いましたよ(笑)」とオリジナル版キャストの名前を出しながら、グリンチ並みにひねくれてみせた。

横溝の「シンディ・ルーが歩いたり走ったりしているシーンを、 全部声でやらないといけないから難しかったです」という発言には、「すごくうまかったよ! 俺よりもバッチリだった!」と大絶賛する大泉。イベント終了後、2人は「イエロー・クリスマス」のメインプログラム「ミニオン・ハチャメチャ・クリスマス・パーティ」を体験し、ミニオンカラーのイエローを中心とした色とりどりの紙吹雪が舞う中、大はしゃぎでパーティを満喫した。なおパークではクリスマス期間中、ベイビーグリンチに会えるスペシャルグリーティングが実施される。

本作は「ミニオンズ」「SING/シング」で知られるイルミネーションエンターテインメントの最新作。12月14日より全国ロードショーとなる。

Despicable Me, Minion Made and all related marks and characters are trademarks and copyrights of Universal Studios. Licensed by Universal Studios Licensing LLC. All Rights Reserved. TM & (c)2018 Universal Studios.

映画ナタリーをフォロー