映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ジェームズ・ガンの解雇にデイヴ・バウティスタが意見、ネット上では署名運動も

317

デイヴ・バウティスタ(写真提供:Abaca Press / Hahn Lionel / Abaca / Sipa USA / Newscom / ゼータ イメージ)

デイヴ・バウティスタ(写真提供:Abaca Press / Hahn Lionel / Abaca / Sipa USA / Newscom / ゼータ イメージ)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのジェームズ・ガンがシリーズ第3弾の監督を解雇されたことについて、デイヴ・バウティスタがTwitterで意見を述べた。

ガンは過去にTwitterでレイプや小児性愛、テロに関するジョークを投稿しており、この件を問題視したウォルト・ディズニー・スタジオによってシリーズ第3弾の監督を解雇された。シリーズでドラックスを演じているバウティスタはTwitterにて「ジェームズ・ガンは俺がこれまで会ってきた中でも、もっとも愛情深く気立てのいい人物だ。寛大で、人や動物を深く思いやることのできる人だよ。確かに彼は間違ったことをした。でも俺を含むすべての人が、過去に間違ってきたはずだ。今回彼の身に起きたことについて、俺は納得がいかないよ」とコメント。また、解雇に関するガンのツイートをリツイートしている。

なお、この解雇劇は多くの波紋を呼んでおり、「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」「THE GREY 凍える太陽」の監督として知られるジョー・カーナハンは、ガンの監督復帰を呼びかけるChange.orgでの署名運動をTwitterでシェアしている。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

映画ナタリーをフォロー