映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

柄本佑×石橋静河×染谷将太がクラブで楽しむ「きみの鳥はうたえる」特報

301

柄本佑石橋静河染谷将太が共演する「きみの鳥はうたえる」の特報がYouTubeにて公開。あわせて、ティザービジュアルが到着した。

北海道・函館シネマアイリスの開館20周年を記念して製作された本作は、「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」「オーバー・フェンス」の原作者・佐藤泰志の同名小説を「Playback」の三宅唱が映画化したもの。函館郊外の書店で働く“僕”を語り手に、“僕”と一緒に暮らす失業中の静雄、同じ書店で働く佐知子と過ごす日々が描かれる。ヒップホップクルー・SIMI LABHi'Specが三宅の前作「密使と番人」に続き音楽を手がけ、同クルーのOMSBとともに出演もしている。

特報は、柄本演じる“僕”、石橋演じる佐知子、染谷演じる静雄がビリヤードに興じる姿や、クラブで楽しむさまが収められた。“僕”による「僕にはこの夏がいつまでも続くような気がした。9月になっても10月になっても、次の季節はやってこないように思える」というモノローグも。

「きみの鳥はうたえる」は、8月25日より函館シネマアイリスで先行公開。その後、9月1日から東京・新宿武蔵野館、ユーロスペースほか全国で順次公開される。

(c)HAKODATE CINEMA IRIS

映画ナタリーをフォロー