映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

柄本佑と石橋静河が傘を差したままキス、「きみの鳥はうたえる」新写真11枚

139

「きみの鳥はうたえる」新場面写真

「きみの鳥はうたえる」新場面写真

柄本佑石橋静河染谷将太が共演する「きみの鳥はうたえる」の新場面写真が到着した。

北海道の映画館、函館シネマアイリスの開館20周年を記念して製作された本作は、「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」「オーバー・フェンス」の原作者・佐藤泰志の同名小説を「Playback」の三宅唱が映画化したもの。函館郊外の書店で働く“僕”、“僕”と一緒に暮らす失業中の静雄、同じ書店で働く佐知子の夏の日々が描かれる。

新写真には、柄本演じる“僕”と石橋扮する佐知子が傘を差したままキスをしている場面、佐知子が物憂げな表情でシーツに包まっている様子、染谷演じる静雄と佐知子が向かい合っているさまなどが切り取られた。萩原聖人演じる書店の店長・島田、渡辺真起子扮する静雄の母親、足立智充山本亜依が扮する書店員の姿も。また、本作の音楽を手がけたHi'Spec、彼と同じくヒップホップユニット・SIMI LABのメンバーであるOMSBがクラブでライブを行う様子も捉えられている。

「きみの鳥はうたえる」は、8月25日より函館シネマアイリスで先行公開。その後、9月1日から東京・新宿武蔵野館、ユーロスペースほか全国で順次公開される。

(c)HAKODATE CINEMA IRIS

映画ナタリーをフォロー