映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」 PR

「素敵なダイナマイトスキャンダル」

「南瓜とマヨネーズ」の冨永昌敬が監督を務めた「素敵なダイナマイトスキャンダル」が3月17日に封切られる。“実母が隣家の息子と不倫の末にダイナマイト心中”という体験を持つ編集者・作家の末井昭による同名エッセイに、関連著作や談話を追加して映画化した本作。柄本佑演じる末井がキャバレーの看板描きなどを経てエロ雑誌の編集長になり、時代のカリスマと化していくさまが昭和カルチャーを背景に描かれる。末井を取り巻く女性たちを前田敦子、三浦透子、尾野真千子ら三者三様の魅力を放つ女優たちが演じ、さらに峯田和伸、松重豊、村上淳など個性的な面々が顔をそろえた。

本作の公開を記念し、ナタリーでは映画、音楽、コミックとジャンルを横断し全4回にわたる特集を実施。監督やキャストに加え、さまざまな業界で活躍中の著名人たちが「素敵なダイナマイトスキャンダル」の魅力を語る。

文 / 山川奈帆子

特集一覧
【映画ナタリー】冨永昌敬×川上未映子
【音楽ナタリー】末井昭×峯田和伸(銀杏BOYZ)×尾崎世界観(クリープハイプ)
【コミックナタリー】鳥飼茜×柄本佑
【映画ナタリー】いとうせいこう

末井昭を取り巻く人々

末井昭柄本佑
幼少期に母親がダイナマイト心中した過去を持つ。工場に憧れて大阪の町工場に就職するも絶望して3カ月で退社。その後、上京してデザイン会社に就職し、キャバレーの看板描きなどを経てエロ雑誌の編集長になり、次々と新雑誌を創刊する。
末井昭(柄本佑)
牧子前田敦子
妻
上京した末井が身を寄せた下宿先で出会う。結婚後も末井の仕事を手伝ったり、働きに出たりと家計を支える。
牧子(前田敦子)
笛子三浦透子
愛人
末井の編集部に新入社員としてやってくる。猫のような奔放な魅力にやられた末井が一目惚れし、愛人にする。
笛子(三浦透子)
富子尾野真千子
母
末井が物心ついたときから肺結核を患っていた。治る見込みがないと医者に見放され、隣家の青年とダイナマイト心中する。
富子(尾野真千子)
心の友近松峯田和伸
末井が就職したデザイン会社の同僚。末井と真剣にデザイン論を語り合い、彼に影響を与える。
近松(峯田和伸)
警視庁の刑事諸橋松重豊
ヌード写真にダメ出しをする警視庁保安課風紀係の刑事。ヘアには特に厳しいが、穏やかな雰囲気で妙な訛りがある。
警視庁の刑事・諸橋(松重豊)
写真家荒木さん菊地成孔
末井がウイークエンドスーパー創刊時に出会うカメラマンで、女の子を脱がすのが得意。写真家・荒木経惟がモデル。
写真家・荒木さん(菊地成孔)
重吉村上淳
妻の爆発後、しばらくして川崎の工場に出稼ぎへ。根っからのスケベで息子の嫁である牧子に手を出そうとしたりする。
父・重吉(村上淳)

原作者・末井昭の波乱万丈な人生

原作本の表紙は和服姿で女装をしている末井の写真。一度見たら忘れられない強烈なパンチ力だが、女装が趣味の末井は編集長を務める雑誌パチンコ必勝ガイドのCMに振袖姿で登場したことも。ギャンブルや不動産投機などで3億円以上もの借金を抱えたり、ダブル不倫の末離婚して2度目の結婚、ガン闘病など、好きなものを追い続けて生きてきたその人生はとにかく波乱万丈。2014年には「笑える自殺の本を作ろう」という思いで執筆した書籍「自殺」が第30回講談社エッセイ賞を受賞し、新たなファンを増やした。さらにバンド、ペーソスのメンバーとしても活動し、テナーサックスを担当している。今年70歳を迎える末井の人生はまだまだ素敵なスキャンダルに満ちていそうだ。

左から末井昭を演じる柄本佑、末井昭本人。

エロに懸ける青春!警察とはいたちごっこ

NEW self、ウイークエンドスーパー、写真時代など、次々と新しいエロ雑誌を創刊しては発禁、そして廃刊に追い込まれていた1970~1980年代の末井。エロ表現に厳しく目を光らす警察とは常にいたちごっこで、劇中にも風紀係の刑事による「猥褻物販売容疑。おまんこが36カ所!」というインパクト抜群なセリフが登場する。なんとか法の目をくぐり抜けるためにモデルのヘアを剃毛したり、サインペンでヘアを描いたりとさまざまな工夫を繰り返すさまがバカバカしくも楽しい。アラーキーこと荒木経惟など才能あふれる表現者たちと出会い、切磋琢磨しながらエロに青春を懸ける末井とその仲間たちの姿は、時代を超えて観る者の胸をアツくさせること間違いなしだ。

「素敵なダイナマイトスキャンダル」
「素敵なダイナマイトスキャンダル」

母・妻・愛人──素敵な3人の女たち

本作は末井と3人の女性を巡る物語でもある。母・富子はダイナマイト心中という衝撃的な死を遂げ、その出来事は末井の人生に色濃くついて回る。着物姿の尾野真千子が儚さと強さの垣間見える女性を色っぽく演じた。動じない妻・牧子は、前田敦子が独特の個性で体現。女性経験がない末井を「うちの部屋にこたつあるよ」と無邪気に誘ったことから末井の伴侶となり、苦労をともにする。末井の愛人となる笛子は、口数は少ないが多くを物語るような大きな瞳が魅力的。不思議な小悪魔オーラを放ち末井を翻弄するが、やがて心を病むことになってしまう。こんな女性たちが登場する末井の人生は、なんとも刺激的でうらやましい!?

尾野真千子演じる母・富子。
前田敦子演じる妻・牧子。
三浦透子演じる愛人・笛子。

昭和あ・ら・か・る・と

  • 「素敵なダイナマイトスキャンダル」より、手描き看板のラフスケッチをする様子。
    手描き看板
    「素敵なダイナマイトスキャンダル」より、キャバレーの手描き看板と末井昭(柄本佑)。
    現代の街中ではなかなか見かけないが、劇中には末井が描いたビビッドでポップなキャバレーの看板がたくさん登場。自由に表現できる場としてアバンギャルドなイラストやデザインを炸裂させた。そのほか映画館には、迫力あるスター俳優たちの絵で彩られた大きな看板が掲げられていた。
  • 「素敵なダイナマイトスキャンダル」より、さまざまな服装の編集者たち。
    ファッション
    「素敵なダイナマイトスキャンダル」より、ベルボトムをはいた末井昭(柄本佑)と笛子(三浦透子)。
    1960年代~1980年代のさまざまなファッションも楽しむことができる本作。ベルボトム、ミニワンピース、柄シャツ、ティアドロップ型のサングラスなどそれぞれのキャラクターが際立っている。ビートたけしが1980年代に着ていたような幾何学模様のセーターもたっぷり登場して思わずニヤリ。
  • 「素敵なダイナマイトスキャンダル」より、版下台紙に文字を切り貼りする様子。
    手作業の雑誌作り
    「素敵なダイナマイトスキャンダル」より、編集部の様子。
    今はデジタル入稿が主流の雑誌作りだが、パソコンがまだ普及していない当時は印刷所の職人が手作業で文字を組んでいた。その指示をするため、編集者は版下台紙に汗水垂らしながらせっせと文字を切り貼りしていたのだ。
  • 「素敵なダイナマイトスキャンダル」より、編集者のたまり場となっている喫茶店。
    喫茶店
    「素敵なダイナマイトスキャンダル」より、喫茶店で佇む近松(峯田和伸)。
    本作では編集者やヌードモデル、スカウトマンなど怪しげな人々のたまり場となっている喫茶店。昭和にはカップル同士がしけこみ“チョメチョメ”するいかがわしい同伴喫茶や、客全員で合唱するさわやかな歌声喫茶などが存在した。店内に立ち込める紫煙も当時ならではの光景。
  • 「素敵なダイナマイトスキャンダル」より、
    公衆電話
    「素敵なダイナマイトスキャンダル」より、喫茶店の電話を使用しているモデル斡旋業者(島本慶)。
    携帯電話が普及していない時代は、街中のいたるところに公衆電話が設置されていた。本作でも仕事相手とのやりとりには喫茶店の電話が使われている。テレホンカードもアイドルや動物の写真などさまざまな種類が販売され、コレクターも多かった。
「素敵なダイナマイトスキャンダル」
2018年3月17日(土)公開
ストーリー

岡山の田舎町に生まれ育った末井昭は、7歳のときに母・富子が隣家の息子とダイナマイトで心中し、衝撃的な死に触れる。18歳で田舎を飛び出した末井は、工場勤務、キャバレーの看板描きやイラストレーターを経験し、エロ雑誌の世界へと足を踏み入れる。末井はさまざまな表現者や仲間たちに囲まれ編集者として日々奮闘し、妻や愛人の間を揺れ動きながら一時代を築いていく。

スタッフ / キャスト
  • 監督・脚本:冨永昌敬
  • 原作:末井昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」(ちくま文庫刊)
  • 出演:柄本佑、前田敦子、三浦透子、峯田和伸、松重豊、村上淳、尾野真千子ほか
  • 音楽:菊地成孔、小田朋美
  • 主題歌:尾野真千子と末井昭「山の音」

※R15+指定作品

特集一覧
【映画ナタリー】冨永昌敬×川上未映子
【音楽ナタリー】末井昭×峯田和伸(銀杏BOYZ)×尾崎世界観(クリープハイプ)
【コミックナタリー】鳥飼茜×柄本佑
【映画ナタリー】いとうせいこう