映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

安達祐実が「家なき子」で学んだ金の怖さ語る「ゼニガタ」インタビュー映像到着

202

「ゼニガタ」より、安達祐実演じる真田留美。

「ゼニガタ」より、安達祐実演じる真田留美。

大谷亮平の映画初主演作「ゼニガタ」より、出演する安達祐実のインタビュー映像がYouTubeにて公開された。

表向きは居酒屋、裏ではトサン(10日で3割)という暴利で金を貸す闇金屋を営む銭形兄弟と、返せるあてのない借金を抱えた客たちの姿を描いた本作。明晰な頭脳で債務者の逃げ道を塞ぐ兄・富男を大谷、富男とともに取り立てを行う狂暴な弟・静香を小林且弥が演じた。

農業を志すも資金繰りに窮し、銭形兄弟に泣きつく脱サラ債務者・真田留美に扮した安達は「登場人物の中で唯一汗を流してがんばっていこうとする人。優しさを感じる、救いのような一縷の望み」と役どころを振り返る。また子供の頃に出演したドラマ「家なき子」で金の怖さを学び、実生活では堅実であることなどを明かした。

「人狼ゲーム インフェルノ」の綾部真弥が監督を務めた「ゼニガタ」は、5月26日より東京・シネマート新宿ほか全国でロードショー。

(c)2018「ゼニガタ」製作委員会

映画ナタリーをフォロー