映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ラブ×ドック」吉田羊が大久保佳代子にキス、野村周平の人たらしぶりも明らかに

216

「ラブ×ドック」公開記念舞台挨拶の様子。

「ラブ×ドック」公開記念舞台挨拶の様子。

ラブ×ドック」の公開記念舞台挨拶が、本日5月12日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催され、キャストの吉田羊野村周平玉木宏大久保佳代子広末涼子成田凌篠原篤唐田えりか、監督の鈴木おさむが登壇した。

鈴木が映画監督デビューを飾った本作は、遺伝子レベルで恋愛を操作するクリニック“ラブドック”を舞台にしたラブコメディ。仕事は完璧だが恋愛は失敗続きの剛田飛鳥を吉田羊が演じた。

本作で映画単独初主演を果たした吉田羊は「昨日公開されたということで、夜の回で観てまいりました。改めて、ここに立ってくださっている方々のおかげで“吉田羊主演の恋愛映画”という奇跡のようなことを叶えられました」と感慨深げに述べる。

バラエティ豊かなキスシーンが登場する本作にちなみ、登壇者たちへ「理想のキスのシチュエーションは?」という質問が。飛鳥の親友・細谷千種役の大久保は「自然なキスが理想。同棲を2年くらいしている関係で、台所にツードアの冷蔵庫がある。そこで私が何かを探していて、『ポン酢なかったっけ?』って振り返った瞬間にキスされる!」とかなり細かい設定を指定する。野村を誘って2人で実演し、会場を沸かせた。

整体ジムのトレーナー・野村俊介役の玉木は、同じ質問に「人前でキスすることに抵抗があるんですが、海外に行ったらちょっと羽を伸ばしたくなるかなと。この間アイスランドに行ったんですが、もしオーロラが見えていたら、オーロラの下でキスしたらロマンチックかな」と答える。飛鳥に思いを寄せる花田星矢役の野村は「何かが始まりそうなキスがいいですね。家でもベッドの上でもいいんですけど……向こうからしてきてくれたら『今日は“いい日”だ』みたいな気持ちに……」とたどたどしく回答し、大久保から「言葉が悪いけど、おっぱじめる前のキスってこと!?」と詰め寄られていた。

ここで本日47歳の誕生日を迎えた大久保を祝うため、彼女の愛犬・パコ美を模した“ラブドッグケーキ”がステージに運ばれる。そこで、劇中にて吉田鋼太郎演じる淡井淳治が飛鳥にした“ホイップキス”を再現することに。吉田羊が大久保の頬にホイップクリームを付けてそこにキスをすると、大久保は「なんで羊さんなの!?(笑) 男性陣がいるじゃない!」と照れ笑いを浮かべた。中盤には吉田羊が、淳治との“ホイップキス”、俊介との“ピンポン玉キス”、星矢との“金魚キス”のうちどれが好きだったか観客にアンケートを実施。ホイップキスの人気が低かったことからキャストたちは「ここに鋼太郎さんがいたら違ったかもね」と言うが、鈴木は「鋼太郎さんは今、男とのキスに夢中だから……」と吉田鋼太郎の出演ドラマ「おっさんずラブ」に言及して笑いを起こす。

役作りについての話題では、ラブドックの院長・冬木玲子役の広末が「ブルゾンちえみさんを意識して脚本を書かれてるんだなって……。セリフにリズムがあって、どうしてもリハーサルで『35億』って言いたくなっちゃう」と回想。冬木のもとで働く桜木美木を演じ、広末に奇抜なコスチュームをいじられた成田は「いろんな人にあれはどういう意図なの?って聞かれます。僕はけっこう気に入ってるんですけど……え、笑ってます?(笑)」と広末を二度見した。

また終盤には、大久保が現場での野村の様子について告白。「女ったらしというか……本当に人たらし」と切り出し、休憩中に寝転がっていた野村が自分の横のスペースを指して「大久保さん、ここ空いてるよ」と言ったことを明かし「すっごいドギマギしましたからね……ありがとうね」と思わず感謝を口にする。それを聞いた吉田羊も、野村について「さっきも『羊さん、今日もかわいいっす!』って言われてうれしかったんですが、すぐに振り返って『大久保さん、今日もかわいいっす!』って言ってたの」と暴露。野村は本作について「初めてこんな“歳下かわいい系男子”をやらせていただきましたが、けっこう僕できてましたよね。でもしばらく封印しようかなって思ってます」と宣言した。

(c)2018『ラブ×ドック』製作委員会

映画ナタリーをフォロー