映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

吉田羊「ラブ×ドック」に広末涼子、大久保佳代子、成田凌ら出演、追加キャスト発表

211

上段左から大久保佳代子、広末涼子、成田凌。下段左から唐田えりか、川畑要、音尾琢真。

上段左から大久保佳代子、広末涼子、成田凌。下段左から唐田えりか、川畑要、音尾琢真。

鈴木おさむの映画監督デビュー作「ラブ×ドック」の追加キャストが発表された。

本作は、遺伝子レベルで恋愛を操作するクリニック“ラブドック”を舞台にしたラブコメディ。仕事は完璧だが恋愛は失敗続きの主人公・剛田飛鳥を吉田羊が演じ、彼女の脇を野村周平、篠原篤、吉田鋼太郎、玉木宏らが固める。

今回、ラブドックの院長・冬木玲子に広末涼子、飛鳥の親友で未婚のシングルマザーかつ人気グルメブロガーの細谷千種に大久保佳代子、冬木のもとで働く桜木美木に成田凌が扮することが明らかに。また飛鳥が経営するスイーツショップで働く上田美咲役を唐田えりか、飛鳥が訪れる卓球バーの店長役を川畑要CHEMISTRY)、飛鳥がかつて働いていた人気スイーツショップのパティシエ・大木役を音尾琢真が担当することも発表された。

広末は「羊さんが主演で鈴木おさむさんが監督・脚本。このタッグで面白くないわけがない!」とコメント。大久保は「現場は、監督のおかげで、だいぶバラエティーな雰囲気でやりやすかったです。そんな中、最高に幸せな役をやらせてもらいました」、成田は「少々胡散臭い役ではありますが、みなさまのお腹を少しくすぐるような面白い人間を生み出せたかなと僕は思っています」と撮影を振り返っている。

「ラブ×ドック」は2018年に全国公開。

広末涼子 コメント

羊さんが主演で鈴木おさむさんが監督・脚本。このタッグで面白くないわけがない!
私もかなり個性的で強烈なキャラクターを演じさせていただき、ブルゾンちゃんを意識してのお芝居。
かなり楽しませていただきました。乞うご期待ください!

大久保佳代子 コメント

現場は、監督のおかげで、だいぶバラエティーな雰囲気でやりやすかったです。そんな中、最高に幸せな役をやらせてもらいました。「ありえない」「無理がありすぎる」「ゴリラみたい」等の感想は一切受け付けませんので。

成田凌 コメント

無知の強さは、恐ろしくこれもまた素晴らしい事なのだと考えさせられます。
一歩目がとても重い、怖い、そんな一歩を踏み出した人の手助けをするのがラブドックです。
少々胡散臭い役ではありますが、みなさまのお腹を少しくすぐるような面白い人間を生み出せたかなと僕は思っています。
ラブドック、是非劇場でご覧ください。

(c)2017 『ラブ×ドック』製作委員会

映画ナタリーをフォロー