映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

カンヌ映画祭開幕!ケイト・ブランシェット、レア・セドゥがスーツ&ドレスで登場

160

左からクリステン・スチュワート、エヴァ・デュヴァネイ、ケイト・ブランシェット、レア・セドゥ、カジャ・ニン。(写真提供:Chen Yichen Xinhua News Agency / Newscom / ゼータ イメージ)

左からクリステン・スチュワート、エヴァ・デュヴァネイ、ケイト・ブランシェット、レア・セドゥ、カジャ・ニン。(写真提供:Chen Yichen Xinhua News Agency / Newscom / ゼータ イメージ)

第71回カンヌ国際映画祭が現地時間5月8日、フランス・カンヌで開幕した。

初日にはコンペティション部門の審査員長を務めるケイト・ブランシェットをはじめ、審査員のドゥニ・ヴィルヌーヴエヴァ・デュヴァネイロベール・ゲディギャンアンドレイ・ズビャギンツェフチャン・チェンレア・セドゥクリステン・スチュワート、カジャ・ニンが参加。彼らはそろってフォトコール、レッドカーペットイベント、記者会見に出席した。映画祭の公式サイトでは会見の音源を聴くことができる。

オープニングを飾ったのはイランの監督アスガー・ファルハディによるスリラー「Everybody Knows(英題)」。レッドカーペットイベントには同作に出演しており、実生活では夫婦であるペネロペ・クルスハビエル・バルデムが登場した。また、ある視点部門の審査員長ベニチオ・デル・トロの姿も。

第71回カンヌ国際映画祭はフランス現地時間5月19日まで開催。CS映画専門チャンネル・ムービープラスでは日本時間5月19日深夜に授賞式の日本独占生中継が行われる。なお日本からは、コンペティション部門に是枝裕和の「万引き家族」、濱口竜介の「寝ても覚めても」がラインナップ。細田守の監督作「未来のミライ」が監督週間、佐藤雅彦、川村元気、関友太郎、豊田真之、平瀬謙太朗による「どちらを選んだのかは分からないが、どちらかを選んだことははっきりしている」が短編部門に出品されている。

映画ナタリーをフォロー