映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

阿部寛が裏稼業に奮闘する「のみとり侍」新カット13枚、前田敦子や斎藤工の姿も

313

「のみとり侍」新場面写真

「のみとり侍」新場面写真

阿部寛が主演を務める時代劇「のみとり侍」の新たな場面写真13枚が到着した。

小松重男の短編小説集「蚤とり侍」に収録されているエピソードを原作に、「後妻業の女」の鶴橋康夫が監督と脚本を担当した本作。“のみとり”とは客の猫の蚤を取って日銭を稼ぐ仕事だが、その実態は女性に愛を奉仕する裏稼業である。そんな稼業に左遷されるエリート藩士・小林寛之進を阿部が演じた。

このたび解禁された写真には、寛之進、寺島しのぶ演じる武家屋敷の妾・おみね、豊川悦司演じる寛之進にのみとりの技術を指南する清兵衛、前田敦子演じる清兵衛の妻・おちえ、斎藤工演じる長屋の隣人・佐伯友之介など登場人物の姿が。さらに松重豊大竹しのぶ風間杜夫桂文枝らの登場シーンも切り取られている。

「のみとり侍」は、5月18日より全国でロードショー。

※「のみとり侍」はR15+指定作品

(c)2018「のみとり侍」製作委員会

映画ナタリーをフォロー