映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

壇蜜主演「私の奴隷になりなさい」の続編公開決定、ヒロインは行平あい佳

152

「ご主人様と呼ばせてください~私の奴隷になりなさい・第2章~」

「ご主人様と呼ばせてください~私の奴隷になりなさい・第2章~」

壇蜜が主演を務めた「私の奴隷になりなさい」の続編にあたる「ご主人様と呼ばせてください~私の奴隷になりなさい・第2章~」「おまえ次第~私の奴隷になりなさい・第3章~」の公開が決定した。

亀井亨がメガホンを取り、2012年に公開された「私の奴隷になりなさい」。原作となったサタミシュウによる小説は「私の奴隷になりなさい」「ご主人様と呼ばせてください」「おまえ次第」からなる3部作であり、このたびその第2弾、第3弾が映画化されることとなった。

城定秀夫が監督する「ご主人様と呼ばせてください~私の奴隷になりなさい・第2章~」では、大手広告デザイン会社に勤務する目黒と、清楚な人妻・明乃の不倫関係が描かれる。やがて2人の関係を知った明乃の夫が、目黒に「すべてを奪われたくなかったら、明乃との関係を続け彼女を調教しろ」と命令。そして明乃の奴隷としての才能が開花していく。

この第2章でヒロインを務めるのは、オーディションで抜擢された行平あい佳。早稲田大学を卒業し助監督として活動したのち、女優と画コンテ作家を両立してきた行平は、日活ロマンポルノ女優・寺島まゆみの実娘でもある。3月中旬に本作のクランクアップを迎えた行平は「この作品の、性愛の向こう側にある精神世界に惚れています」とコメントを寄せた。

「ご主人様と呼ばせてください~私の奴隷になりなさい・第2章~」は2018年夏に公開。「おまえ次第~私の奴隷になりなさい・第3章~」の詳細は追って発表される。

行平あい佳 コメント

この作品の、性愛の向こう側にある精神世界に惚れています。明乃を通して、映画に触れてくださる方をどこまで、その向こう側に連れていけるのか。あらん限りの力を尽くし、そして考え、撮影に臨みました。明乃になれたことを、とても嬉しく光栄に思っております。よろしくお願いいたします。

(c)KADOKAWA 2018

映画ナタリーをフォロー