映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

吉村界人が「主人公は僕の心の中にいた」と語る、谷崎潤一郎原案「悪魔」初日

276

「悪魔」初日舞台挨拶の様子。左から遠藤新菜、前田公輝、吉村界人、大野いと、藤井道人。

「悪魔」初日舞台挨拶の様子。左から遠藤新菜、前田公輝、吉村界人、大野いと、藤井道人。

「TANIZAKI TRIBUTE」の1本「悪魔」の初日舞台挨拶が本日2月24日に東京・テアトル新宿で行われ、キャストの吉村界人大野いと前田公輝遠藤新菜、監督を務めた藤井道人が登壇した。

谷崎潤一郎の小説を現代劇にアレンジし映画化するプロジェクト「TANIZAKI TRIBUTE」。「悪魔」では小悪魔的なヒロインに心を奪われた大学生の愛の果てが描かれる。主人公の佐伯を吉村が演じた。同じく「TANIZAKI TRIBUTE」の1本「神と人との間」の監督である内田英治から、谷崎の本を借りてさまざま作品を読んだという藤井。「面白い作品はたくさんあるんですが、その中で自分がもっとも共感できたものを選びました」と話し、「ですが『悪魔』は尻切れトンボで終わっています。そして絶版の続編『続悪魔』を読んだら、佐伯の心の深い部分が現代に置き換えてもすごく共感できた。これにトライしたいと思えたんです」と製作の経緯を明かす。

学生時代から谷崎の愛読者だったという吉村はオファーを受け「『悪魔』は読んでなかったんですが、好きな作家の登場人物を演じられるのは、やっぱり俳優っていい職業(笑)」と喜びを語る。また役作りにおいては「役に憑依するというより、佐伯って人間が僕の心の中にもともといて」と話し、「それは昔から。心の闇というか、答えが出ないようなことをいつまでも考えてしまう自分が佐伯でした」と続けた。

役作りに苦労したと語るのは、佐伯を狂わす女子高生・照子役の大野。「照子は私と正反対の女の子だったので。でもオファーを受けてから、だんだん男の人を誘惑することが楽しみになってきました」と笑顔を見せる。照子の親戚で佐伯との三角関係を繰り広げる鈴木役の前田は、「何があったんだろう?と不思議に思ってしまうほど様子がおかしい人物」と自身の役柄を評す。そして「それは照ちゃんを愛するがゆえのピュアな感情。だから僕は撮影現場で大野さんの王子様であろうと清らかな気持ちで過ごしていました」と独特な役へのアプローチを明かした。

最後に吉村が「あまり明るい映画ではないです。けどそういった映画がすべてではないと思うので。登場人物全員が心の弱き者。精神的、社会的にそういった立場の人々を演じられるのは役者として本望。そして今後もそうでありたい。ぜひ感想をSNSなんかで拡散していただけたら」と語り、イベントは幕を閉じた。

「悪魔」はテアトル新宿ほか全国で順次公開。

(c)2018 Tanizaki Tribute製作委員会

映画ナタリーをフォロー