映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「リメンバー・ミー」にシシド・カフカ、鈴木拡樹、SKE高柳、スカパラ茂木ら出演

3422

上段左からチョー、立木文彦、安野希世乃、鈴木拡樹。下段左からカイミ、高柳明音、シシド・カフカ、茂木欣一。

上段左からチョー、立木文彦、安野希世乃、鈴木拡樹。下段左からカイミ、高柳明音、シシド・カフカ、茂木欣一。

ディズニー / ピクサー最新作「リメンバー・ミー」日本語吹替版に、シシド・カフカ鈴木拡樹高柳明音SKE48)、茂木欣一東京スカパラダイスオーケストラ)らが出演していることがわかった。

本作は、1年に1度だけ亡くなった家族に会えるという“死者の日”の祝祭を題材としたミステリーアドベンチャー。これまで、日本語吹替版には藤木直人、松雪泰子、橋本さとし、横山だいすけ、渡辺直美が参加することが発表されていた。

シシド・カフカと茂木が息を吹き込むのは、主人公ミゲルが“死者の国”で出場する歌唱コンテストのライバルとなる“ロス・チャチャラコス”のメンバー。そして高柳はミゲルが“生者の国”で出会う女性ミュージシャン、鈴木は“死者の国”の住人に声を当てる。

さらに「ONE PIECE」のブルック役で知られるチョーがガイコツの事務官役、立木文彦が歯列矯正医フアン・ハノキョーセー役、恒松あゆみがミゲルの母役で出演。多田野曜平と大方斐紗子はミゲルの曾祖父母役、大抜卓人はミュージシャンの男性役、カイミと寺田ちひろは“死者の国”の旅行者役、安野希世乃は修道女役を務める。

「トイ・ストーリー3」のリー・アンクリッチと、同作のストーリーボードアーティストであるエイドリアン・モリーナが監督を務めた「リメンバー・ミー」は、3月16日より全国ロードショー。

(c)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー